サトノルフィアン 馬主【里見治」の記事を紹介します。


今日6月22日(土)に、天保山ステークス(京都、OP、3歳以上、ダ1400m)が行われました。

優勝馬のサトノルフィアンの馬主がちょっと気になったので、調べてみました。



サトノルフィアン
の馬主は里見治(さとみはじめ)さんです。

里見治
さんは、パチンコ関連事業サミー株式会社代表取締役会長

サミーは、東京都品川区西品川の住友不動産大崎ガーデンタワーに本社があります。


【冠名】 サトノ


【勝負服色】 
緑、黄菱山形、袖黄縦縞


【主な所有馬】

サトノダイヤモンド(2016年 菊花賞、有馬記念)
サトノクラウン(2016年 香港ヴァーズ、2017年 宝塚記念 )
サトノアレス(2016年 朝日杯フューチュリティステークス)
サトノアラジン(2017年 安田記念)






サトノルフィアン 血統】 (牡5)

父  ゼンノロブロイ
母  ヴィヴァシャスヴィヴィアン
母父 Distorted Humor



調教師 :高橋康之(栗東)


生産者 :フジワラフアーム


通算戦績:20戦5勝



全兄サトノフェイバーは、2018年のきさらぎ賞 優勝馬。


サトノルフィアン」の馬名意味は、「冠名+荒くれ者」です。




サトノルフィアン次走はどのレースですかね。

次走も楽しみですね!