アスクワンタイム 馬主【廣崎利洋」の記事を紹介します。



今日9月3日(日)に、第43回 小倉2歳ステークス(小倉、GⅢ、2歳、芝1200m)が行われました。


優勝馬のアスクワンタイムの馬主がちょっと気になったので、調べてみました。



アスクワンタイム馬主は、廣崎利洋(ひろさきとしひろ)さんです。

廣崎利洋さんは、ASK HOLDINGS 株式会社株式会社 ASK PLANNING CENTER株式会社 ASK SPACE PLANNING株式会社 ASK BUSINESS MANAGEMENTASKクループの代表です。

事業内容は、総合環境プロデュースをするプランニング会社として、不動産金融事業、運営事業、資産管理運用事業を行っています。



【冠名】 キング、アスク

【勝負服色】 黒、白菱山形、袖赤一本輪


【主な所有馬】
ストレイトガール(2015、2016年 ヴィクトリアマイル、2015年 スプリンターズS)
レッツゴードンキ(2015年 桜花賞)





アスクワンタイム 血統】(牡2)


父  ロードカナロア
母  ディープインアスク
母父 ディープインパクト



調教師 :梅田智之(栗東)


生産者 :株式会社 ASK STUD


通算成績:3戦2勝



全兄ファンタジストは、短距離重賞を2勝挙げました。

全姉
ボンボヤージは、2022年の北九州記念 優勝馬。


アスクワンタイム」の馬名意味は、「冠名+もう一度、再び」です。




アスクワンタイム 次走はどのレースですかね。

次走も楽しみですね!