エリキング 馬主【藤田晋」の記事を紹介します。



今日6月23日(日)に、2歳新馬戦(京都5R、芝1800m)が行われました。


優勝馬のエリキング馬主がちょっと気になったので、調べてみました。



エリキング馬主は藤田晋(ふじたすすむ)さんです。


藤田晋さんは、株式会社サイバーエージェント 代表取締役社長です。

グループ企業には、育成シミュレーションゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」を配信している株式会社Cygamesがあります。



【冠名】 なし


【勝負服色】 海老、袖白二本輪






エリキング 血統】 (牡2)


父  キズナ
母  ヤングスター
母父 High Chaparral



調教師 :中内田充正(栗東)


生産者 :ノーザンファーム


通算成績:1戦1勝



ヤングスターは、2018年のクイーンズランドオークス(豪、G1、芝2200m) 優勝馬。


叔母に2019年のフライトS(豪、G1、芝1600m) 優勝馬のファンスター、従兄に2022年のザメトロポリタン(豪、G1、芝2400m) 優勝馬のNo Compromise(ノーコンプロミス)がいる血統。



エリキング(ヤングスターの2022)は、2023年の「セレクトセール20231歳馬セリにて藤田晋さんが2億1,000万円(税抜)で落札。



エリキング」の馬名意味は、「人名より+王」です。



エリキング次走はどのレースですかね。

次走も
楽しみですね!