トータルクラリティ 馬主【キャロットファーム」の記事を紹介します。



今日6月16日(日)に、2歳新馬戦(京都5R、芝1600m)が行われました。

優勝馬のトータルクラリティ馬主がちょっと気になったので、調べてみました。



トータルクラリティ馬主は、一口馬主 クラブ法人馬主)の有限会社 キャロットファームです


キャロットファームの代表は、秋田博章(あきたひろあき)さんです。

秋田博章さんは、ノーザンファーム元場長です。


愛馬会法人は、株式会社 キャロットクラブです。

キャロットクラブの代表は、手嶋龍一(てしまりゅういち)さんです。

手嶋龍一さんは、元NHK記者で、シューイチコメンテーターとしておなじみですね



キャロットファームは、2023年のJRA馬主リーディングで2位でした

キャロットファームの特徴として、所属馬の大半がノーザンファーム社台ファーム生産馬です



【冠名】 なし

【勝負服色】 緑、白二本輪、白袖赤一本輪


【主な所有馬】
アロンダイト(2006年 ジャパンカップダート)
シーザリオ(2005年 オークス、アメリカンオークス)
リアルインパクト(2011年 安田記念、2015年 ジョージライダーS)
エピファネイア(2013年 菊花賞)
ハープスター(2014年 桜花賞)
リオンディーズ(2015年 朝日杯フューチュリティステークス)
シンハライト(2016年 オークス)
ネオリアリズム (2017年 クイーンエリザベス2世C)
リスグラシュー(2018年 エリザベス女王杯、2019年 宝塚記念、コックスプレート、有馬記念)
レイデオロ(2017年 ダービー、2018年 天皇賞・秋)
サートゥルナーリア(2018年 ホープフルS、2019年 皐月賞)
メールドグラース(2019年 コーフィールドC)
クリソベリル(2019年 ジャパンダートダービー、チャンピオンズカップ、2020年 帝王賞、JBCクラシック)
レシステンシア(2019年 阪神JF )
レイパパレ(2021年、大阪杯)
エフフォーリア2021年、皐月賞、天皇賞・秋、有馬記念
ヴェラアズール(2022年 JC)
タスティエーラ(2023年 ダービー)

ドゥレッツァ(2023年 菊花賞)

ナミュール(2023年 マイルCS)






トータルクラリティ 血統】(牡2)

父  バゴ
母  ビットレート
母父 スペシャルウィーク



調教師  :池添学(栗東)


生産者  :ノーザンファーム

通算成績:1戦1勝


スルーレートは、2005年のフラワーカップシーザリオの2着。

伯父に、2013年の札幌2歳ステークス 3着馬のハイアーレートがいる血統。



トータルクラリティ」の馬名意味は、「完全な鮮明さ。ビットレートを上げて得られる高画質。母名より連想」です。



トータルクラリティ(ビットレートの2022) 1口馬主 募集価格】

1口出資額 :7.5万円
総口数  :400口
募集総額 :3000万円




トータルクラリティ次走はどのレースですかね。

次走も楽しみですね!