アリストロシュ 馬主【京都ホースレーシング」の記事を紹介します。



今日7月8日(土)に、2歳新馬戦(中京5R、芝1400m)が行われました。

4着馬のアリストロシュの馬主がちょっと気になったので、調べてみました


アリストロシュ
馬主は、一口馬主 クラブ法人馬主)の株式会社 京都ホースレーシングです
ニューワールドレーシングからの変更ですね。


京都ホースレーシングの代表は、マイケル・タバート
さんです。

マイケル・タバートさんは、個人馬主でとして「ハナズ」の冠名でおなじみですね。


愛馬会法人は、京都サラブレッドクラブ 株式会社です。

京都サラブレッドクラブの代表は、山上和良
(やまがみかずよし)さんです。


【冠名】 なし

【勝負服色】 白、茶十字襷、袖茶縦縞






アリストロシュ 血統】(牝2)

父  デクラレーションオブウォー

母  カシマフラワー

母父 ヘクタープロテクター



調教師 :佐々木晶三(栗東)

生産者 :北島牧場

通算成績:1戦0勝


カシマフラワーは、2004年のエーデルワイス賞 優勝馬。


アリストロシュ」の馬名意味は、「花の名前。花言葉は圧倒的な力」です。


アリストロシュカシマフラワーの2021) 1口馬主 募集価格】
1口出資額 :2.8万円
総口数  :500口
募集総額 :1,400万円



アリストロシュ次走はどのレースですかね。

次走も楽しみですね!