マイネルラフレシア 血統【京成杯 出走】」の記事を紹介します。



1月17日(日)に、第56回京成杯(中山、GⅢ、3歳、芝2000m)が行われます。



登録馬のマイネルラフレシアは、前走の東京スポーツ杯2歳ステークスで、6番人気で3着に入りました。



マイネルラフレシアの血統がちょっと気になったので、調べてみました



マイネルラフレシア 血統】(牡3)


父  ジャングルポケット
母  フライングメリッサ 
母父 ダンスインザダーク


Northern Dancer 9.38% 4×5
Hail to Reason   6.25% 5×5


のクロスが発生。



調教師 :高橋裕(美浦)


馬主  :サラブレッドクラブ・ラフィアン


生産者 :ビッグレッドファーム


通算成績:3戦2勝



近親に、2004年の阪神ジュベナイルフィリーズ 優勝馬のショウナンパントルがいる血統。



マイネルラフレシア」の馬名意味は、「冠名+植物の一種」 です。



クラブ法人(馬主)の「サラブレッドクラブ・ラフィアン」は、1口馬主クラブ。


愛馬会法人は、「ラフィアンターフマンクラブ」でこちらが1口馬主の会員募集をしています。



【勝負服色】赤、緑袖赤一本輪



マイネルラフレシア(フライングメリッサの2013)  1口馬主 募集価格】
1口出資額 :15万円
総口数  :100口 
募集総額 :1500万




マイネルラフレシア
は、今までの3戦は新潟、東京と直線が長いコースを走りましたが、今回は初の中山になります。

皐月賞と同じ距離、コースになりますので、ここは試金石ですね。


京成杯楽しみですね!