競馬 GI予想勝負!

競馬 GI予想を勝負していきます!
馬主を目指しています!!

3歳馬ランキング

【2017年 3歳馬ランキング】 牝馬編 3月度

【2017年 3歳馬ランキング】 牝馬編 3月度」の記事を紹介します。



3月のレースも今日で終わりましたので、牝馬ランキングを更新したいと思います。


牝馬
のクラシック 第1弾 桜花賞は、4月9日(日)に行われますから、あと2週間ですね。



3月26日時点での、私が勝手に牝馬ランキングをしてみました。



3歳牝馬 ランキング


1位 ソウルスターリング (父Frankel)
2位 アドマイヤミヤビ  (父ハーツクライ)
3位 リスグラシュー   (父ハーツクライ)
4位 カラクレナイ    (父ローエングリン)
5位 ミスパンテール   (父ダイワメジャー)
6位 アエロリット    (父クロフネ)
7位 ミスエルテ     (父Frankel)
8位 ライジングリーズン (父ブラックタイド)
9位 サロニカ      (父ディープインパクト)
10位 レーヌミノル    (父ダイワメジャー)


太字は新たにランクインした馬





ランクに関してですが、大分変動がありました。


4位には、カラクレナイがランクイン。


フィリーズレビューで、上がりラスト3ハロンをメンバー最速タイの34.4秒の末脚で、大外からレーヌミノルを差し切り3連勝で制覇。


しかも、ラインクラフトの記録を0.2秒更新するレースレコードのおまけ付き

問題は、デビューから1400m戦しか走っていなく、本番での1F延長を克服出来るかが鍵ですね。


5位は、ミスパンテールがランクイン。

新馬戦以来の7ヶ月振りのチューリップ賞を、ソウルスターリング0.3秒差の2着。

しかも、上がりラスト3ハロンは、ソウルスターリングを上回るメンバー最速の33.7秒

伯父に、ウインラディウスがいる良血馬が、久々を一叩きされ、間違いなく良くなるでしょう。


まだ底を見せていなく、最大の惑星はこの馬か。


8位はライジングリーズンがランクイン。

重賞のフェアリーステークス桜花賞トライアルアネモネステークスを連勝中


アネモネステークスでは、上がりラスト3ハロンメンバー最速の35.1秒の末脚で差し切り勝ちで、フェアリーステークスがフロックでないことを証明。


上がりの2位はラッシュハート35.6秒ですから、ライジングリーズンがどれだけ速かったか分かります。



既述している部分もありますが、桜花賞トライアルチューリップ賞ソウルスターリングフィリーズレビューカラクレナイアネモネステークスライジングリーズンが優勝。


これで、桜花賞出走馬が決定しました。


今年の桜花賞は、ソウルスターリングアドマイヤミヤビ2強対決ですかね。

桜花賞では、チューリップ賞を見る限り、ソウルスターリングが1歩抜け出していますね。

2強以外にも素質馬が揃っており、伏兵の台頭もあるかもしれないですね。

牡馬とは違う意味で、今年は予想が難しくなりそうですね


4月はもちろん桜花賞がありますが、オークストライアルフローラステークススイートピーステークスもあります


オークストライアルには、ポールヴァンドルリカビトスなどの注目馬が出走します。

来月からは、オークスに対してのランキングになりますので、大分メンバーも変わってくると思います。


また、4月の終わり辺りにランキングしてみたいと思います。



【関連記事】
【2016年 3歳馬ランキング】 牡馬編 3月度






【2017年 3歳馬ランキング】 牡馬編 3月度

【2017年 3歳馬ランキング】 牡馬編 3月度」の記事を紹介します。



3月のレースも今日で終わりましたので、牡馬のランキングを更新したいと思います。


牡馬クラシック 第1弾 皐月賞は、4月16日(日)に行われますから、あと3週間ですね。



3月26日時点での、私が勝手に牡馬ランキングをしてみました。



【3歳牡馬 ランキング】

1位 ファンディーナ   (父ディープインパクト)
2位 カデナ       (父ディープインパクト)
3位 アルアイン     (父ディープインパクト)
4位 スワーヴリチャード (父ハーツクライ)
5位 レイデオロ     (父キングカメハメハ)
6位 ウインブライト   (父ステイゴールド)
7位 サトノアレス    (父ディープインパクト)
8位 ペルシアンナイト  (父ハービンジャー)
9位 アウトライアーズ  (父ヴィクトワールピサ)
10位 ダンビュライト   (父ルーラーシップ)


太字は新たにランクインした馬





ランクに関してですが、大きく変動しました。


1位には、牝馬ファンディーナがランクイン

ファンディーナは先週のフラワーカップ5馬身差の圧勝


ファンディーナの勝ちタイムは1分48秒7、ラスト上がり3ハロンメンバー最速タイの34.9秒


フラワーカップの前日行われた、同条件のスプリングステークス(3歳、芝1800m)の勝ちタイム(ウインブライト)は1分48秒4


ラスト上がり3ハロンメンバー最速はウインブライト(他2頭)の35.5秒

ファンディーナは最後流してのタイムで、しかも上がりは0.6秒上回るタイム。



まだ底を見せていなく、この先怪我さえしなければ、間違いなくG1を獲れる器でしょう。


牡馬ランキングになりますが、ファンディーナ皐月賞に出走予定なのでこちらに入れています


3位には、アルアインがランクイン。


昨日の毎日杯1分46秒5の好タイムで優勝

毎日杯1分46秒台で優勝したのは、ディープスカイキズナマイネルフロストの3頭。

そのうち、2頭はダービー馬

否が応でも期待してしまいますね。


6位には、ウインブライトがランクイン。


中山1800mの500万下スプリングステークスを連勝で制覇

全姉ウインファビラスは、2015年の阪神ジュベナイルフィリーズ 2着という良血馬だけに、更なる成長を期待。

あとは、本番は1F延長となるが、ステイゴールドなので問題ないでしょう。


9位には、アウトライアーズがランクイン。


スプリングステークスを、ウインブライト半馬身差の2着。


昨年の百日草特別(500万下、2000m)では、1着で現在桜花賞の有力候補のアドマイヤミヤビ0.1秒差、後の弥生賞馬で2着のカデナハナ差


未勝利戦では中山2000m戦を勝っており、本番が楽しみです。


10位には、ダンビュライトがランクイン。


弥生賞では、カデナ0.3秒差の3着


朝日杯フューチュリティステークス以外は、全て3着以内という堅実な走りを見せています。


本番は、武豊騎手が乗りますので、一発を期待したいですね。



そして、3月は皐月賞トライアルが3レースと重賞が1レース行われました。


既述している部分もありますが、皐月賞トライアル弥生賞カデナスプリングステークスウインブライト若葉ステークスアダムバローズ毎日杯アルアインが優勝

これで、皐月賞出走馬が決定しました。


今年の皐月賞は、有力候補のレイデオロが直行、2歳王者 サトノアレスが前哨戦のスプリングステークスを4着と不安が残り、混沌としています

牝馬ファンディーナも出走で、今年は予想が難しくなりそうですね。


4月はもちろん皐月賞がありますが、ダービートライアル青葉賞もあります。

また、4月の終わり辺りにランキングしてみたいと思います。



【関連記事】
【2017年 3歳馬ランキング】 牝馬編 3月度



 


【2017年 3歳馬ランキング】 牝馬編 2月度

【2017年 3歳馬ランキング】 牝馬編 2月度」の記事を紹介します。



2月のレースも今日で終わりましたので、牝馬ランキングを更新したいと思います。


牝馬
のクラシック 第1弾 桜花賞は、4月9日(日)に行われますから、50日を切っていますね。



2月26日時点での、私が勝手に牝馬ランキングをしてみました。



【3歳牝馬 ランキング】


1位 ソウルスターリング (父Frankel)
2位 リスグラシュー   (父ハーツクライ)
3位 アドマイヤミヤビ  (父ハーツクライ)
4位 アエロリット    (父クロフネ)
5位 ファンディーナ   (父ディープインパクト)
6位 レーヌミノル    (父ダイワメジャー)
7位 ミスエルテ     (父Frankel)
8位 リエノテソーロ   (父Speightstown)
9位 サロニカ      (父ディープインパクト)
10位 フローレスマジック (父ディープインパクト)

太字は新たにランクインした馬





ランクに関してですが、大分変動がありました。


先月3位だったハナレイムーンは、クイーンカップ 4着でランク外へ。



先月4位だったアドマイヤミヤビが1ランクアップの3位へ。


クイーンカップ(東京、1600m)で、メンバー中最速のラスト上がり3ハロン33.6秒の末脚で差し切り勝ち。

着差以上に強い勝ち方でしたが、問題は、桜花賞ルメールソウルスターリングに乗るため騎手が誰になるかですね。


4位に、圏外からクイーンカップ 2着のアエロリット

アドマイヤミヤビには負けましたが、アドマイヤミヤビに次ぐラスト上がり3ハロン33.9秒の末脚で、3着のフローレスマジックには2馬身差をつけました。


5位に、圏外からつばき賞(京都、1800m) 1着のファンディーナ

タガノアスワドの逃げ切り勝ちかと思ったところ、ラスト上がり3ハロン33.0秒の鬼脚で差し切り勝ち。


次走フラワーカップが試金石になりますが、相当強いと思います。



9位に、圏外からエルフィンステークス(京都、1600m) 1着のサロニカ

逃げ切り勝ちでしたが、ラスト上がり3ハロン34.6秒で快勝。



3月はクラシック直結の、桜花賞トライアルチューリップ賞アネモネステークスフィリーズレビューと、桜花賞 最終便フラワーカップが行われます。


チューリップ賞では、ソウルスターリングリスグラシュー阪神JF 1、2着馬がぶつかります。

フィリーズレビューでは、ジューヌエコールレーヌミノルがぶつかります。

どの桜花賞トライアルも楽しみですね。


3月もランキングが大分入れ替わりそうですね

また、3月の終わり辺りにランキングしてみたいと思います。



【関連記事】
【2017年 3歳馬ランキング】 牡馬編 2月度





【2017年 3歳馬ランキング】 牡馬編 2月度

【2017年 3歳馬ランキング】 牡馬編 2月度」の記事を紹介します。



2月のレースも今日で終わりましたので、牡馬のランキングを更新したいと思います。


牡馬クラシック 第1弾 皐月賞は、4月16日(日)に行われますから、50日を切っていますね。



2月26日時点での、私が勝手に牡馬ランキングをしてみました。



【3歳牡馬 ランキング】

1位 スワーヴリチャード (父ハーツクライ)
2位 レイデオロ     (父キングカメハメハ)
3位 サトノアレス    (父ディープインパクト)
4位 サトノアーサー   (父ディープインパクト)
5位 ブレスジャーニー  (父バトルプラン)
6位 カデナ       (父ディープインパクト)
7位 ペルシアンナイト  (父ハービンジャー)
8位 サトノリュウガ   (父ハービンジャー)
9位 コマノインパルス  (父バゴ)
10位 ダイワキャグニー  (父キングカメハメハ)


太字は新たにランクインした馬





ランクに関してですが、大きく変動しました。


1位には、先月6位だったスワーヴリチャードが一気にランクアップ。

共同通信杯(東京、芝1800m)では、メンバー中最速のラスト上がり3ハロン34.2秒の末脚で2馬身半差圧勝


連対率も100%で、レイデオロ皐月賞へ直行と不安を残しているので、現時点では皐月賞最有力候補ですね。



7位には、圏外からペルシアンナイト


アーリントンカップ(阪神、芝1600m)では、メンバー中最速のラスト上がり3ハロン34.0秒の末脚で3馬身差の圧勝

アーリントンカップの勝ちっぷりや、ハービンジャー血統から、距離延長は問題ないでしょう。


7位だったムーヴザワールドは、共同通信杯(東京、芝1800m)を3着でランク外へ。


次点には、今日のすみれステークス(阪神、芝2200m)を勝ったクリンチャー


メンバーに恵まれたといえ、4馬身差の圧勝は力がないと出来ません

現時点では、皐月賞に向かうのかダービーに向かうのか分かりませんが、次走楽しみですね。



2月は重賞が3レース行われ、きさらぎ賞ではアメリカズカップが優勝しましたが、重馬場で騎手がうまく乗ったという感じでランクインしていません。



そして、3月はクラシック直結の、皐月賞トライアル弥生賞若葉ステークススプリングステークスと、皐月賞 最終便の毎日杯が行われます。


弥生賞では、カデナグローブシアターブレスジャーニーがぶつかります

スプリングステークスでは2歳王者 サトノアレス朝日杯FS 2、3着馬のモンドキャンノボンセルヴィーソがぶつかります。

毎日杯では、サトノアーサーガンサリュートがぶつかります。

どの重賞も楽しみですね。



3月もランキングが大分入れ替わりそうですね。


また、3月の終わり辺りにランキングしてみたいと思います。



【関連記事】
【2017年 3歳馬ランキング】 牝馬編 2月度


 


【2017年 3歳馬ランキング】 牝馬編 1月度

【2017年 3歳馬ランキング】 牝馬編 1月度」の記事を紹介します。



1月のレースも今日で終わりましたので、牝馬ランキングを更新したいと思います。


牝馬
のクラシック 第1弾 桜花賞は、4月9日(日)に行われますから、あと2ヶ月ちょっとですね。



1月29日時点での、私が勝手に牝馬ランキングをしてみました。



【3歳牝馬 ランキング】


1位 ソウルスターリング (父Frankel)
2位 リスグラシュー   (父ハーツクライ)
3位 ハナレイムーン   (父ディープインパクト)
4位 アドマイヤミヤビ  (父ハーツクライ)
5位 レーヌミノル    (父ダイワメジャー)
6位 ミスエルテ     (父Frankel)
7位 リエノテソーロ   (父Speightstown)
8位 フローレスマジック (父ディープインパクト)
9位 ディーパワンサ   (父ディープブリランテ)
10位 ライジングリーズン (父ブラックタイド)

太字は新たにランクインした馬






ランクに関してですが、上位9位までは変動はありません。


10位には、フェアリーステークス(中山、芝1600m)を勝ったライジングリーズンランクイン


メンバー中最速タイのラスト上がり3ハロン35.4秒の末脚で快勝。


ただ、フェアリーステークス良馬場ですが雨が降っていて、勝った新馬戦は稍重で、もしかして道悪が得意なのかもしれないので、次走アネモネステークス試金石になりますね。



次点には、新馬戦(芝1800m)を9馬身差の圧勝ファンディーナと、寒竹賞(中山、芝2000m)を勝ったホウオウパフューム


ファンディーナは2月19日(日)つばき賞へ向かいますが、ここを勝てば内容次第ですが、桜花賞の一躍候補になりますね。

ホウオウパフュームは、オ-クスを目指すため次走はフローラステークスへ。




今年の3歳牝馬はレベルがかなり高く次々と強い馬が出て来ますね。


そして、2月はクラシックに繋がる、クイーンカップエルフィンステークスが行われます。


クイーンカップは、フローレスマジックアドマイヤミヤビ私の注目馬 ハナレイムーンがぶつかります。

このクイーンカップはかなり高レベルの戦いになりそうですね。

エルフィンステークスは、ミリッサアカカが出走予定。



2月はランキングが大分入れ替わりそうですね

また、2月の終わり辺りにランキングしてみたいと思います。



【関連記事】
【2017年 3歳馬ランキング】 牡馬編 1月度





【2017年 3歳馬ランキング】 牡馬編 1月度

【2017年 3歳馬ランキング】 牡馬編 1月度」の記事を紹介します。



1月のレースも今日で終わりましたので、牡馬のランキングを更新したいと思います。


牡馬クラシック 第1弾 皐月賞は、4月16日(日)に行われますから、3ヶ月切っていますね。



1月29日時点での、私が勝手に牡馬ランキングをしてみました。



【3歳牡馬 ランキング】

1位 レイデオロ     (父キングカメハメハ)
2位 サトノアレス    (父ディープインパクト)
3位 サトノアーサー   (父ディープインパクト)
4位 ブレスジャーニー  (父バトルプラン)
5位 カデナ       (父ディープインパクト)
6位 スワーヴリチャード (父ハーツクライ)
7位 ムーヴザワールド  (父ディープインパクト)
8位 サトノリュウガ   (父ハービンジャー)
9位 コマノインパルス  (父バゴ)
10位 ダイワキャグニー  (父キングカメハメハ)


太字は新たにランクインした馬





ランクに関してですが、上位7位までは変動はありません。


先月8位ヴァナヘイムですが、左前脚膝部分の第三手根骨を骨折で全治6ヶ月以上の診断ということで、ランクから外します。

先月9位ペルシアンナイトは、シンザン記念(京都、芝1600m)を3着でランク外へ。


先月10位バルデスは、セントポーリア賞(東京、芝1800m)を4着でランク外へ。



入れ替わりの8位には、福寿草特別(京都、芝2000m)を勝ったサトノリュウガ


直線早めに先頭に立ち、追い上げて来たエアウィンザープラチナムバレットの注目馬達を並ばせることなくそのまま押し切り強い競馬を見せました。


9位には、京成杯(中山、芝2000m)を勝ったコマノインパルス


3戦2勝、2着1回と連対率100%の安定した戦績。


次走、弥生賞ですので強力馬が揃いますから試金石になりますね。


10位には、セントポーリア賞(東京、芝1800m)を勝ったダイワキャグニー

2番手から抜け出し2馬身差の完勝。


スローペースに助けられた感があるので、次走は試金石ですね。


ただ、前走のデビュー戦も好位から抜け出す横綱相撲で、私はセントポーリア賞で6番人気でしたが対抗にしていました。

皐月賞トライアルに出走しますが、楽しみですね。


次点には、梅花賞(京都、芝2400m)を勝ったインヴィクタ


インヴィクタは、皐月賞よりもダービーを目指すみたいです。



1月は重賞が2レース行われましたが、シンザン記念を勝ったキョウヘイは、マイル路線を進むので外してあります。



そして、2月はクラシックに繋がる、きさらぎ賞共同通信杯が行われます。


きさらぎ賞は、注目のサトノアーサームーヴザワールドがぶつかります。

共同通信杯は、エアウィンザースワーヴリチャードがぶつかります。

どちらの重賞も楽しみですね。



2月はランキングが大分入れ替わりそうですね。


また、2月の終わり辺りにランキングしてみたいと思います。



【関連記事】
【2017年 3歳馬ランキング】 牝馬編 1月度


 


【2017年 3歳馬ランキング】 牝馬編

【2017年 3歳馬ランキング】 牝馬編」の記事を紹介します。



年が明けて、いよいよクラシック開幕まであと約4ヶ月!


牝馬
のクラシック 第1弾 桜花賞は、4月9日(日)に行われます。



1月1日時点での、私が勝手に牝馬ランキングをしてみました。



【3歳牝馬 ランキング】


1位 ソウルスターリング (父Frankel)
2位 リスグラシュー   (父ハーツクライ)
3位 ハナレイムーン   (父ディープインパクト)
4位 アドマイヤミヤビ  (父ハーツクライ)
5位 レーヌミノル    (父ダイワメジャー)
6位 ミスエルテ     (父Frankel)
7位 リエノテソーロ   (父Speightstown)
8位 フローレスマジック (父ディープインパクト)
9位 ディーパワンサ   (父ディープブリランテ)
10位 ジューヌエコール  (父クロフネ)


ピンク字阪神ジュベナイルフィリーズ出走馬





現時点で、阪神ジュベナイルフィリーズ 優勝馬のソウルスターリングが頭1つ抜けていますね。


デビューから無傷の3戦3勝阪神ジュベナイルフィリーズを制覇で、文句のつけようがありません

現時点では、桜花賞の最有力候補ですね。

春には更なる成長を期待します。


2位は、阪神ジュベナイルフィリーズソウルスターリングの2着だったリスグラシュー


あと2ヶ月でどれだけ成長するか。


次走のチューリップ賞ソウルスターリングと再戦が楽しみですね。



3位以下は混線ですね。



3位は、まだ1戦しか走っていないハナレイムーン


ラスト上がり3ハロン33.7秒の末脚で3馬身差の圧勝。


次走が試金石になりますね。



4位は2連勝中のアドマイヤミヤビ


新馬戦こそクライムメジャーの2着でしたが、未勝利戦を楽に勝ち上がり、前走の百日草特別では、後の京都2歳ステークス 優勝馬のカデナを破り優勝。


桜花賞には行かずオークスを目標としたローテーションになると思います。



5位は阪神ジュベナイルフィリーズで3着のレーヌミノル


ただ、距離がマイルまでか。



6位は朝日杯フューチュリティステークスで4着のミスエルテ


ポテンシャルは高いので、気性難が解消されればソウルスターリングともいい勝負が出来るか。



7位は、デビューから無傷の4連勝全日本2歳優駿を制したリエノテソーロ


芝では1200mしか走っていなく、Speightstown(スパイツタウン)産駒だけに、距離もマイルまでか。


次走のアネモネステークスが試金石になりますね。



8位はフローレスマジック


前走のアルテミスステークスではリスグラシューの2着でしたが、ラスト上がり3ハロンは、リスグラシューを0.2秒上回る33.3秒の末脚で半馬身差まで追い上げました。


何と言ってもラキシスの全妹ですから、今後の成長が楽しみですね。



9位は阪神ジュベナイルフィリーズで4着のディーパワンサ


ここ2戦は4着と善戦止まり。


叔父にアダムスピーク、叔母にリラヴァティシンハライトがいる良血馬だけに、今後の成長が楽しみですね。



10位は阪神ジュベナイルフィリーズで11着と惨敗のジューヌエコール


レース中、他馬と接触が何回かあったようで、この1戦だけでは見限られません。


無傷の3連勝デイリー杯2歳ステークスを制した逸材ですから、巻き返しを期待。




今年の3歳牝馬はレベルがかなり高いですね。

これからデビューする馬、ここにも載っていない1勝馬がこれからレースに使われますので、ランキングがだいぶ変わっていくかと思います。



また、2月の初め辺りにランキングしてみたいと思います。



【関連記事】
【2017年 3歳馬ランキング】 牡馬編





【2017年 3歳馬ランキング】 牡馬編

【2017年 3歳馬ランキング】 牡馬編」の記事を紹介します。



年が明けて、クラシック開幕まであと約4ヶ月!


牡馬クラシック 第1弾 皐月賞は、4月16日(日)に行われます。



1月1日時点での、私が勝手に牡馬ランキングをしてみました。



【3歳牡馬 ランキング】

1位 レイデオロ     (父キングカメハメハ)
2位 サトノアレス    (父ディープインパクト)
3位 サトノアーサー   (父ディープインパクト)
4位 ブレスジャーニー  (父バトルプラン)
5位 カデナ       (父ディープインパクト)
6位 スワーヴリチャード (父ハーツクライ)
7位 ムーヴザワールド  (父ディープインパクト)
8位 ヴァナヘイム    (父キングカメハメハ)
9位 ペルシアンナイト  (父ハービンジャー)
10位 バルデス      (父ハービンジャー)


青字朝日杯フューチュリティステークス出走馬
紫字ホープフルステークス出走馬






現時点では、デビューから無傷の3連勝中レイデオロが頭1つ抜けていますね。

2000mの3戦ともすべて0.2秒差をつける完勝劇。

皐月賞最有力候補ですね。


2位は、朝日杯フューチュリティステークス 優勝馬のサトノアレス

勝ち上がるのに3戦要しましたが、その後は3連勝GIを戴冠。


春には更なる成長を期待します。



3位は、デビューから無傷の2連勝中サトノアーサー


前走のシクラメン賞を、ラスト上がり3ハロンは驚愕の32.7秒の末脚で3馬身半差の圧勝。

セレクトセールで1億9500万円の高額馬、次走が試金石になりますね。


4位は3連勝中のブレスジャーニー


新馬戦はマイネルバールマンの3着でしたが、ラスト上がり3ハロンは桁違いの32.9秒の末脚で追い上げました。


前走の東京スポーツ杯2歳ステークスでは、ラスト上がり3ハロン33.7秒の末脚で重賞を連勝


近親にはエアグルーヴがいる良血馬なだけに春が楽しみですね。


5位以下は混線ですね。


5位は京都2歳ステークス 優勝馬のカデナ


ディープインパクト×母父フレンチデピュティ血統配合は、昨年のダービー馬 マカヒキ同配合ですので、今後の成長が楽しみですね。



6位は東京スポーツ杯2歳ステークス 2着馬のスワーヴリチャード


ラスト上がり3ハロンは、優勝馬のブレスジャーニー0.1秒上回る33.6秒の末脚でクビ差まで追い上げました。


半兄バンドワゴン(父ホワイトマズル)の良血馬なだけに、今後の成長が楽しみですね。



7位は東京スポーツ杯2歳ステークス 3着馬のムーヴザワールド


3着と言っても、1,2着馬とタイム差無しですので、次走が楽しみですね。


そして、全姉がタッチングスピーチ良血馬で、いつか重賞を獲れる器ですね。


8位は京都2歳ステークス 2着馬のヴァナヘイム


祖母がエアグルーヴ良血馬ですから、今後の成長が楽しみですね。


9位は3戦2勝のペルシアンナイト


前走、前々走ではラスト上がり3ハロン33.9秒の末脚を披露。


伯父にゴールドアリュールがいる良血馬なだけに、今後の成長が楽しみですね。


10位はまだ1戦しか走っていないバルデス


新馬戦でラスト上がり3ハロン33.3秒の末脚を披露。。


ディアデラノビア、半姉ディアデラマドレ(父キングカメハメハ)、全兄 ドレッドノータス重賞馬なだけに、次走も楽しみですね。



今年の3歳牡馬は、上位4頭は抜けていると思いますが、まだ混戦模様ですね。

これからデビューする馬、1勝馬がこれからレースに使われますので、ランキングがだいぶ変わっていくかと思います。



また、2月の初め辺りにランキングしてみたいと思います。



【関連記事】
【2017年 3歳馬ランキング】 牝馬編


 


【2016年 3歳馬ランキング】 牝馬編 3月度

【2016年 3歳馬ランキング】 牝馬編 3月度」の記事を紹介します。



3月も今日で終わり、クラシック開幕まであと10日です。

牝馬クラシック 第1弾 桜花賞は、4月10日(日)に行われます。



3月31日時点での、私が勝手に牝馬ランキングをしてみました。



桜花賞トライアルが終わり、桜花賞有力候補もほぼ決まりましたね。


ちょっと予想外の結果もありましたが。



3歳牝馬 ランキング】


1位 ジュエラー    (父ヴィクトワールピサ)
2位 メジャーエンブレム(父ダイワメジャー)
3位 シンハライト   (父ディープインパクト)
4位 アットザシーサイド(父キングカメハメハ)
5位 キャンディバローズ(父ディープインパクト)
6位 レッドアヴァンセ(父ディープインパクト)
7位 カイザーバル(父エンパイアメーカー)
8位 デンコウアンジュ (父メイショウサムソン)
9位 ウインファビラス (父ステイゴールド)
10位 ブランボヌール  (父ディープインパクト)





3月は桜花賞トライアルの、チューリップ賞アネモネステークスフィリーズレビューの3レースと桜花賞最終便 フラワーカップが行われました。



まず、1位はジュエラーにしました。

チューリップ賞では、シンハライトにハナ差2着でしたが、馬体重も減っていて、良化途上ということで、桜花賞は巻き返せるでしょう。




2位は、クイーンカップ5馬身差の圧勝劇を演じた、2歳女王 メジャーエンブレム


逃げ馬ですので同型馬がいる桜花賞は厳しいレースになり、さらにマークされる立場ですので、2位にしました。




3位は、チューリップ賞 優勝馬のシンハライト


現在、デビューから無傷の3連勝中


良血馬ですし、桜花賞も楽しみですね。




桜花賞まではこの上位3強が圧倒的に抜けていますね。


ジュエラーシンハライトメジャーエンブレムと未対決ですので、桜花賞見ものですね。




4位は、フィリーズレビュー 2着のアットザシーサイド


3強を逆転出来るとすれば、この馬か。




5位は、フィリーズレビュー 3着のキャンディバローズ


この馬にとって、マイルはちょっと長いかな。



6位は、チューリップ賞 8着のレッドアヴァンセ


馬体重が14㎏の大幅減でしたから、桜花賞で馬体重が戻っていれば、巻き返し可能か。




7位に、君子蘭賞 優勝馬のカイザーバルがランクイン。


君子蘭賞の勝ちタイムが、1分47秒6。


同日、同舞台で行われた毎日杯の優勝馬のスマートオーディンの勝ちタイムは、1分47秒30.3秒しか差がありません。

桜花賞は抽選対象ですから、まだ出走出来るか分かりませんが、母が2004年の桜花賞のダンスインザムードですし、出走すれば面白い存在ですね。




8位 デンコウアンジュ(チューリップ賞 5着)、9位 ウインファビラス(チューリップ賞 10着)、10位 ブランボヌール(チューリップ賞 14着)は、チューリップ賞を惨敗で、桜花賞でどこまで巻き返せるか。




なお、アネモネステークス桜花賞優先出走権を獲得したチェッキーノ(アネモネステークス 1着)、エンジェルフェイス(フラワーカップ 1着)、ゲッカコウ(フラワーカップ 2着)は桜花賞を回避ですので、ランキングから除外してあります。




今年の桜花賞は3強以外は大混戦になりそうですね。


また、4月末辺りにランキングしてみたいと思います。

 

【関連記事】
【2016年 3歳馬ランキング】 牡馬編 3月度




【2016年 3歳馬ランキング】 牡馬編 3月度

【2016年 3歳馬ランキング】 牡馬編 3月度」の記事を紹介します。



3月のレースも終わりましたので、牡馬ランキングを更新したいと思います。



牡馬クラシック 第1弾 皐月賞は、4月17日(日)に行われますから、20日を切りましたね。


皐月賞有力候補もほぼ決まりましたね。



3月30日時点での、私が勝手に牡馬のランキングをしてみました。



3歳牡馬 ランキング】


1位  マカヒキ         (父ディープインパクト)
2位  サトノダイヤモンド   (父ディープインパクト)
3位  リオンディーズ     (父キングカメハメハ)
4位  エアスピネル      (父キングカメハメハ)
5位  ロードクエスト     (父マツリダゴッホ)
6位 ディーマジェスティ (父ディープインパクト)
7位 アドマイヤダイオウ (父ディープインパクト)
8位 マウントロブソン  (父ディープインパクト)
9位 プロフェット    (父ハービンジャー)
10位 ハートレー     (父ディープインパクト)





3月は皐月賞トライアルの、弥生賞若葉ステークススプリングステークスの3レースと皐月賞最終便 毎日杯が行われました。



ランクに関してですが、私の期待を裏切らず、弥生賞で見事マカヒキが優勝し、依然として1位です。


皐月賞
まではこのままです。



2位はマカヒキリオンディーズと未対決のサトノダイヤモンド。


3位は弥生賞マカヒキに負けたリオンディーズ


皐月賞
まではこの上位3強が圧倒的に抜けています。



4位は、弥生賞マカヒキリオンディーズに完敗のエアスピネル


正直3強とは勝負付けが済んでますね。



5位は、スプリングステークス 3着のロードクエスト


スプリングステークスでは結果を出せませんでしたが、久々を一叩きしてどれだけ変わってくるか。


本番で巻き返しを期待したいですね。



6位のディーマジェスティはそのまま。


7位に、若葉ステークス 1着のアドマイヤダイオウが、先月9位からランクアップ。



8位に、スプリングステークス 1着のマウントロブソン



9位に、京成杯 1着のプロフェット



10位に、共同通信杯 9着のハートレー


ハートレーは、共同通信杯 惨敗から皐月賞直行ですので、馬券の選択が難しいですね。

だいぶ人気は落としますが、巻き返しを期待したいですね。


先月7位だったサトノキングダムは、春全休の為、除外しています。



同じく10位だったレプランシュNHKマイルカップに出走予定のため、除外しています。



毎日杯 1着馬のスマートオーディン皐月賞をパスし、ダービーに出走予定のため、除外しています。




そして、今月は皐月賞はもちろんですが、4月30日(土)に、ダービートライアル青葉賞(東京、GⅡ、芝2400m)が行われます。

皐月賞に出走しない、アルカサル(水仙賞 1着)、プロディガルサン(全兄 リアルスティール)、マイネルハニー(スプリングステークス 2着)、メートルダール(共同通信杯 3着)、レーヴァテイン(2勝馬)などが出走予定で、大混戦ですね。




それにしても、今年の3歳牡馬はレベルが高いですね。


また、4月末辺りにランキングしてみたいと思います。



【関連記事】
【2016年 3歳馬ランキング】 牝馬編 3月度




藤田菜七子 2020年カレンダー
記事検索
地方競馬情報・投票サイト【オッズパーク競馬】
ブログランキング
スポンサードリンク
楽天競馬
プロフィール

夜沢翼

スポンサードリンク
アーカイブ
最新コメント
忍者AdMax
日刊スポーツ 極ウマ・プレミアム
楽天トラベル
スポンサードリンク
ツイッター
話題の男のサプリ!【 リザベリン 】
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
楽天商品
田中みな実1st写真集(仮)
乃木坂46写真集 乃木撮 VOL.02
日向坂46ファースト写真集『立ち漕ぎ』
大原優乃2nd写真集『吐息』
Niki写真集 『ニキには?』
加賀楓(モーニング娘。'19) ファースト写真集 『楓』
モーニング娘。’19 譜久村聖 写真集 『多謝!』
大和田南那 ファースト写真集 『りすたあと』
生田絵梨花 2nd写真集『インターミッション』
丸ごと一冊 藤田菜七子
Winning Post 9 - PS4
【競馬Tシャツ】福永なんかアタマで買うんじゃ無かった…
【競馬 Tシャツ 】東京競馬場 府中千八 展開要らずTシャツ
【競馬 Tシャツ 】京都競馬場 淀の坂
【競馬Tシャツ】新潟競馬場 直線1000m
【競馬Tシャツ】ワイドなら当たってた
【競馬Tシャツ】ダート 併せ馬 強め
【競馬Tシャツ】レコード
【競馬 Tシャツ 】上がり3ハロン
【競馬Tシャツ】未勝利
【競馬Tシャツ】自在型
【競馬Tシャツ】目指せ!凱旋門賞
【競馬Tシャツ】競馬狂
【iPhone6オリジナルケース】福永なんかアタマで買うんじゃ無かった…
POGの達人 完全攻略ガイド 2019~2020年版
競馬四季報
競馬資金を稼ぐならポイントサイト「げん玉」登録無料!
RSS登録バナー
Subscribe with Live Dwango Reader
人気ブログランキング
  • ライブドアブログ