トーホウジャッカル 馬主【東豊物産」の記事を紹介します。


5月1日(日)に、第153回天皇賞(春)(京都、G1、芝3200m)が行われます。


登録馬のトーホウジャッカルの馬主がちょっと気になったので、調べてみました。


トーホウジャッカルの馬主は、東豊物産 株式会社(とうほうぶっさん)です。

東豊物産は、愛知県豊田市で自動車タイヤの関連部品の製造・販売をしている会社です。


東豊物産の会長は高橋照夫さんで、この方が実質の馬主です。

トーホウジャッカルの母トーホウガイアをアメリカから輸入し、種牡馬は高橋照夫さんが決めています。


もちろん、トーホウジャッカルの配合も高橋照夫さんが決めました。



東豊物産は、トーホウジャッカルG1(JRA)の菊花賞を制覇しています。




【冠名】 トーホウ


【勝負服色】  赤、青十字襷、袖白縦縞



【主な所有馬】


トーホウシデン(2000年 菊花賞 2着、2003年 中山金杯 優勝)


トーホウエンペラー(2001年 東京大賞典、2002年 南部杯 優勝)


トーホウアラン(2006年 京都新聞杯、2008年 京都大賞典 優勝)


トーホウアマポーラ(2014年 CBC賞 優勝)






トーホウジャッカル 血統】  (牡5)

父  スペシャルウィーク
母  トーホウガイア
母父 Unbridled’s Song


Northern Dancer 9.38% 5×4
Nearcti            6.25% 5×5

のクロスが発生。


調教師 :谷潔(栗東)


生産者 :竹島幸治


通算成績:10戦3勝


半姉は、2014年のCBC賞の優勝馬 トーホウアマポーラ(父フジキセキ)。


トーホウジャッカル」の馬名意味は、「冠名+ジャッカル」です。




トーホウジャッカルは2014年の菊花賞馬です。


しかし、それ以降結果を出せていません。


菊花賞と同じ舞台で復活となるか。


天皇賞(春)
楽しみですね!



 
 

ここ2走は案外な結果に終わっていますが、もしかしたら、長距離適正があるのかもしれません。