競馬 GI予想勝負!

競馬 GI予想を勝負していきます!
馬主を目指しています!!

注目馬

【2015年 京都大賞典】 注目馬

【2015年 京都大賞典】 注目馬」の記事を紹介します。



第50回京都大賞典の注目馬を紹介します。


10月12日(月)の京都では、天皇賞(秋)の前哨戦 第50回京都大賞典(GII・3歳以上・芝2400m)が行われます。



優勝馬に、天皇賞(秋)優先出走権が与えられます。



ラキシスラブリーデイワンアンドオンリー3頭のG1馬が出走します。


さて最注目馬は、1番人気と予想されるラブリーデイ(牡5)ですね。


今年に入って、6戦4勝で、全て重賞勝ち。


前走の宝塚記念では、G1初制覇で充実期に入っています。


ここは秋初戦ですが、G1馬として結果が求められますね。



昨年2014年のエリザベス女王杯 優勝馬のラキシス(牝5)は、今年に入って3戦1勝ですが、負けたレースも差はわずか。


エリザベス女王杯
と同じコースで女王の貫録を見せて欲しいですね。



昨年2014年のダービー馬 ワンアンドオンリー(牡4)は、6月の宝塚記念11着に敗れて以来になります。


昨年の神戸新聞杯以来、1年以上勝ち星が有りません。


今年3月のドバイシーマクラシックで3着に入るように実力は有りますから、復活して欲しいですね。



昨年2014年の菊花賞 2着馬のサウンズオブアース(牡4)は、5月の天皇賞(春)で9着以来となります。


9着といっても、ゴールドシップと0.7秒差。


昨年の4月以来遠ざかっている勝ち星を上げたいですね。



カレンミロティック(セ7)は、宝塚記念13着に敗れて以来になります。


前々走の天皇賞(春)ではゴールドシップに0.1秒差の3着。


開幕週に有利な先行で押し切りも。



好メンバーが揃い楽しみですね!



【2015年 毎日王冠】 注目馬

【2015年 毎日王冠】 注目馬」の記事を紹介します。


第66回毎日王冠の注目馬を紹介します。



10月11日(日)の東京では、天皇賞(秋)の前哨戦 第66回毎日王冠(GII・3歳以上・芝1800m)が行われます。


優勝馬に、天皇賞(秋)優先出走権が与えられます。



なんと豪華なことに、スピルバーグイスラボニータダノンシャークリアルインパクトの4頭のG1馬が出走します。


おまけに登録馬全頭重賞ウイナーというラインナップ。



そして、登録馬の情報を見ると、13頭全て父がサンデーサイレンス系


内訳は、ディープインパクト産駒が10頭、フジキセキ産駒、ダンスインザダーク産駒、アグネスタキオン産駒がそれぞれ1頭。


こういうのは初めて見ました。



さて最注目馬は、1番人気と予想されるエイシンヒカリ(牡4)ですね。


現在、8戦7勝。


6月の前走のエプソムカップでは、武豊騎手とのコンビで逃げ切り重賞初制覇


今回は、その時と同コース、同距離ですが相手が一気に強化されます。


ここが試金石になります。



スピルバーグ(牡6)は、プリンスオブウェールズステークス(英、G1)6着以来、約4カ月ぶりの出走になります。


スピルバーグは、6勝していますが全て東京コースでの勝ち星という東京巧者


2002年、2003年のシンボリクリスエスに続く天皇賞(秋)連覇への叩き台ですが結果を出さないといけないですね。



昨年2014年の皐月賞馬イスラボニータ(牡4)は、今年3月の中山記念で5着に敗れ、その後、左前脚の球節不安で春は全休。


約7カ月の休み明けですのでここは不安ですが、東京スポーツ杯2歳ステークス、共同通信杯と重賞2勝している相性のいいコース。


休み明けの不利を挽回出来るか?



昨年2014年のマイルチャンピンシップ 優勝馬のダノンシャーク(牡7)は安田記念以来の出走になります。


富士ステークスを勝っているように、コースは問題ないと思いますが、今年は結果が出ていません。


前走の安田記念はスタートでつまずいた為ですが、そろそろ年齢的な衰えも?



リアルインパクト(牡7)も安田記念以来の出走になります。


今年はオーストラリアですが、G1のジョージライダーステークス優勝、ドンカスターマイル 2着とまだまだ元気です。


開幕週ですので先行馬のこの馬にとっても有利ですね。



私が最も期待しているのは、安田記念2着馬のヴァンセンヌ(牡6)です。


今年2月の東京新聞杯で重賞初制覇で、続く京王杯スプリングカップでは2着とコースも相性がよく、1800mも勝っており距離延長も問題有りません。


府中は庭の横山典弘騎手と新コンビを組むそうで楽しみですね。



ディサイファ(牡6)は、3月の中日新聞杯、8月の札幌記念と今年に入って重賞2勝。


8勝の勝ち星中、東京コースは、4勝と相性がいいコース。



3歳馬のアンビシャス(牡3)は前走のラジオNIKKEI賞で2着に3馬身半差の圧勝以来のレースになります。


5月のプリンシパルステークスを勝っていますので、コースは問題ないでしょう。


3歳馬ですので斤量も54kgと有利です。

古馬とは初対戦になりますが、ここは試金石ですね。



他に取り上げたい馬がまだいるほど、今年の毎日王冠は素晴らしいメンバーが揃い楽しみですね!




【2015年 サウジアラビアロイヤルカップ】 注目馬

【2015年 サウジアラビアロイヤルカップ】 注目馬」の記事を紹介します。



第1回サウジアラビアロイヤルカップの注目馬を紹介します。



10月10日(土)の東京では、第1回サウジアラビアロイヤルカップ(重賞・2歳・芝160m)が行われます。


なおサウジアラビアロイヤルカップは、いちょうステークスからの改称となり今年は格付けのない重賞となります。


サウジアラビアロイヤルカップの1着賞金は、3200万円です。



さて最注目馬は、アストラエンブレム(牡2)ですね。


アストラエンブレムは、新馬戦で出遅れ、叔父がマンハッタンカフェの良血馬のロスカボスに3/4馬身差で負けましたが、続く未勝利戦を上がり3ハロン32.6秒の末脚を使って4馬身差の圧勝。


アストラエンブレム
馬戦で負かしたロスカボスは、その後2歳オープンの野路菊ステークスを勝ち、それを基準にしたらアストラエンブレムの強さが分かります。


母は、2008年の秋華賞馬 ブラックエンブレム、半兄は、ブライトエンブレム(父ネオユニヴァース)は重賞馬。



アストラエンブレム馬名意味は、「矢(サンスクリット)+母名の一部」。

矢のような末脚を見せられるか。


血統的にもここは通過点となるか。



イモータル牡2)は、8月の新潟芝1800m 新馬戦で、まともに追わず2着に5馬身差をつける圧勝。


その上がり3ハロンは、なんと32.9秒


イモータル
は、母父にAcatenango(アカテナンゴ)のドイツ血脈が入っており、サンデー系×ドイツ血脈という今後増えていく血統だけに楽しみです。


ちなみに、母父Acatenango(アカテナンゴ)を持つ馬に、2011年のケンタッキーダービー、2013年のドバイワールドカップを制したアニマルキングダム (Animal Kingdom)がいます。



イモータル馬名意味は、「不滅の、永久の」。


ここを勝って永久の無敗馬となれるか。


マコトルーメンは、 ロードクエストが圧勝した新潟2歳ステークスで3着。


上がり3ハロンは、ロードクエストに次ぐ33.5秒で今回も直線長い東京ですので期待出来ます。



ブレイブスマッシュ(牡2)は今まで運が無かったですね。


新馬戦で、ロードクエスト の2着。


続く未勝利戦で良血デアリングハートの仔 デアリングエッジの2着。


3戦目の未勝利戦では、アストラエンブレムの2着。


4戦目の未勝利戦で5馬身差の圧勝でようやく勝ち上がりました。



強敵相手に差のない競馬をしてきたので経験がいきると思います。



ハレルヤボーイ(牡2)は、3戦目の未勝利戦を出遅れながらも5馬身差の圧勝。


今回も楽しみです。



ちなみに、ブレイブスマッシュハレルヤボーイは「トーセン」の冠名でおなじみの島川隆哉さんが馬主自家生産馬になります。


2頭ともトーセンファントム産駒になります。


◆ブレイブスマッシュ(父トーセンファントム、母トーセンスマッシュ、母父トウカイテイオー)


◆ハレルヤボーイ(父トーセンファントム、母トーセンミネルバ、母父キングカメハメハ)



両馬の父トーセンファントムは、2009年の新馬戦、いちょうステークスを連勝。


続く東京スポーツ杯2歳ステークスでは、ローズキングダムのアタマ差の2着。


そして朝日杯FSで14着に敗れ、そのレース中の怪我右前浅屈腱不全断裂)の為引退。


トーセンファントム叔父には、フサイチゼノンアグネスゴールドリミットレスビッドなどの重賞馬が並ぶ血統。


昨年はサウジアラビアロイヤルカップの前身のいちょうステークスを勝ったクラリティスカイが、今年のNHKマイルカップを制しました。



暮れの2歳G1、来年に向けて大事に1戦になりますので楽しみですね!



【2015年 シリウスステークス】 注目馬

【2015年 シリウスステークス】 注目馬」の記事を紹介します。


第19回シリウスステークスの注目馬を紹介します。



10月3日(土)の阪神では、第19回シリウスステークス(GⅢ・3歳以上・ダ2000m)が行われます。



第19回シリウスステークスの登録馬はこちらから
【2015年 シリウスステークス】 登録馬



◆最注目馬は、3歳馬のダノンリバティ(牡3)。


2走前にダート路線に転向後、いきなりレパードSクロスクリーガーの0.1秒差の2着。


ちなみに、クロスクリーガーは残念ながら先日亡くなりました。



クロスクリーガーの記事はこちらから
「クロスクリーガー 安楽死【大腸炎 発症】」


続くBSN賞(オープン)では、好位から抜け出し古馬相手に完勝。


叔父に、ダートG1 9勝のヴァーミリアンサカラートキングスエンブレムソリタリーキングなどダート巧者が多く血統的な裏付けが有ります。


重賞初制覇は目の前か。



◆2014年のG1 チャンピオンズカップ 2着馬のナムラビクター(牡6)。


今年はまだ勝てていません。


今年5月の平安ステークス以来となりますが、ここでは実績上位ですのであっさり勝っても不思議ではありません。



◆良血馬のアウォーディー(牡5)。


前走の9月19日に行われたオークランドRCTでは、初のダート戦でしたが、あっさり完勝。


まだ1レースだけしか見てないのではっきりと言えませんが、ダートの適正はかなりあると思います。


ここは試金石ですね。



ちなみに、1歳下の半妹アムールブリエ(父Smart Strike )は現在ダート重賞2連勝中


今日、レディスプレリュードで3連勝に臨みます。


そして半弟ラニ(父Tapit)は、10月3日(土)阪神1レース 2歳未勝利(ダート、1800m)に出走予定。



アウォーディーの記事はこちらから
「アウォーディー 馬主【前田幸治】」



◆芝で実績のトウケイヘイロー(牡6)。


長期休養明けから3戦走りましたが、調子は上向きのようです。


今回初ダートで試金石ですね。



シリウスステークス 回避馬】


ナンチンノン(牡4)は、10月12日 グリーンチャンネルC(東京、オープン、ダート1400m)へ。


ニンジャ(牡6)は、10月18日 信越S(新潟、オープン、芝1400m)へ。


メイショウノーベル(牡6)は、10月24日 室町S(京都、オープン、ダート1200m)。


ルチャドルアスール(セ6)は、回避へ。




【2015年 スプリンターズステークス】 注目馬

【2015年 スプリンターズステークス】 注目馬」の記事を紹介します。


第49回スプリンターズステークスの注目馬を紹介します。


10月4日(日)の中山では、第49回スプリンターズステークス(G1・3歳以上・芝1200m)が行われます。



ついに秋のG1 開幕ですね!


第49回スプリンターズステークスの登録馬はこちらから
⇒  【2015年 スプリンターズステークス】 登録馬



◆最注目馬は、今年5月のヴィクトリアマイル 優勝馬のストレイトガール(牝6)ですね。


前走のセントウルステークスでは、4着に負けたとはいえ、休み明けでタイム差無しですから上々でしょ。


昨年のスプリンターズステークスでは、あと少しの所で戴冠を逃しました。


来年からは繁殖生活に入りますので、今年が最後のスプリンターズステークス、いい結果を残せるといいですね!



◆今年2015年のサマースプリントシリーズ優勝馬 ベルカント(牝4)。


去年の桜花賞から不振が続いていましたが、今年8月のアイビスサマーダッシュを完勝。


続く北九州記念も勝ち、完全復活の2連勝でサマースプリントシリーズ優勝。


初G1制覇で、ベルカント馬名の意味の「美しい歌」を奏でることが出来るでしょうか。



◆今年2015年のCBC賞 優勝馬 ウリウリ(牝5)。


前走のセントウルステークスでは、不利な大外枠でハナ差の2着。


完全に本格化。


次は叩き2戦目で結果を出せるか。



◆今年2015年の高松宮記念の2着馬 ハクサンムーン(牡6)。


高松宮記念以来のセントウルステークスで8着。


ちょっと負け過ぎですが、実績馬ですので軽視は出来ません。


悲願のGI 初制覇なるか。


ちなみに、今回はハナを譲らないそうです。



◆前走のセントウルステークスで、10番人気で逃げ切り勝ちのアクティブミノル(牡3)。


芝1200mは、負けなしの3戦3勝


アストンマーチャン以来8年ぶりに、3歳馬の優勝なるか?


前走がフロックでないか、ここが試金石ですね。



◆今年2015年のキーンランドカップ 優勝馬のウキヨノカゼ(牝5)。


スプリント路線へ変更後、現在2連勝中。


5歳ながら長期休養があり、まだ9戦しかしていません。


G1初挑戦で初制覇なるか。



◆今年2015年の高松宮記念の3着馬 ミッキーアイル(牡4)。


安田記念
以来になりますが、実績上位ですので軽視は出来ません。



◆昨年2014年の高松宮記念の優勝馬 コパノリチャード(牡5)。


その高松宮記念以来勝ち星なし。


M.デムーロ
とのコンビ復活で、自身も復活なるか。



◆香港馬のリッチタペストリー(セ7)。


昨年2014年10月に、アメリカGI・サンタアニタスプリントチャンピオンシップS(ダ1200m)で初GI制覇。


今年3月のドバイゴールデンシャヒーン(芝1200m)で3着に入賞。


C・ルメール
騎手騎乗だけに不気味な1頭。



リッチタペストリー(Rich Tapestry) 血統】


父  Holy Roman Emperor(ホーリー ローマン エンペラー )
母  Genuine Charm
母父 Sadler's Wells


Holy Roman Emperor(ホーリー ローマン エンペラー )は、Danehill(デインヒル)の直仔。



◆あとは、除外1番手になりますが、今年8月の北九州記念の2着馬 ビッグアーサー(牡4)。


ベルカントには屈しましたが、6戦していまだ連を外していません。


父はサクラバクシンオーですしまだ底を見せていなく、出てくれば面白い1頭になります。




今年のスプリンターズステークス牝馬が上位人気を占めそうですね。


絶対的な馬がいなく、なかなか難解な一戦になりそうです。







2015年 神戸新聞杯【菊花賞トライアル】 注目馬

2015年 神戸新聞杯菊花賞トライアル】 注目馬」の記事を紹介します。




第63回神戸新聞杯菊花賞トライアル】の注目馬を紹介します。


9月27日(日)の阪神では、菊花賞トライアルレースの重賞 第63回神戸新聞杯(GII、芝2400m)が行われます。


最注目馬は、言わずもがなのダービー 4着馬のリアルスティールですね。


ダービー以外連を外していません。


そのダービーも、優勝馬のドゥラメンテから0.6秒差。


骨折休養明けですが、ここは絶対負けられません。



アルバートドックは、2走前の京都新聞杯では、ダービー2着のサトノラーゼン、 良血馬ポルトドートウィユと1/2馬身、ハナ差とわずかな差。

そして、前走の白百合ステークスでは上がり3ハロン33.1秒の脚を使い優勝。


打倒リアルスティールの1番手ですね。



そして、その白百合ステークスで4着だったティルナノーグ


前走の信濃川特別を逃げ切って新境地を開拓。


近親に、2013年の英セントレジャー、2014年のアスコットゴールドC 優勝馬 リーディングライト(Leading Light)がいる血統(父モンジュー)。



左脚骨折で休養明けのキロハナ

デビューから負けなしの2戦2勝でまだ底を見せていません。

前走のつばき賞では、上がり3ハロン33.4秒の末脚。


そして、祖母が、G1 2勝の名牝 ノースフライト


7ヶ月ぶりという不利な条件ですが、ここは試金石ですね。



現在2連勝中のマッサビエル

デビューから2000m以上をずっと使い、連を外していません。


前走の芦ノ湖特別は、2400m戦で古馬に完勝


祖母は、G1 5勝の名牝 メジロドーベル



リアファルは。前走の準オープン マレーシアカップで、古馬相手に勝利。


半姉に、神戸新聞杯と同日に中山で行われる、第61回産経賞オールカマーに出走で、今年のマーメイドステークス2着のマリアライト(父 ディープインパクト)がいる血統。


半兄は、2013年の交流G1 ジャパンダートダービーを勝ったクリソライト(父ゴールドアリュール)。


叔父に、2006年のジャパンカップダート 優勝馬  アロンダイトがいる血統。



今年の神戸新聞杯は、ちょっと混戦ですね。




2015年 セントライト記念 注目馬

第69回 セントライト記念の注目馬を紹介します。



今週末は3日間開催で、9月19日(土)、20日(日)、21日(月)に行われます。


9月21日(月)の中山では、菊花賞トライアルレースの重賞 第69回セントライト記念(GII、芝2200m)が行われます。


最注目馬は、ダービー2着馬のサトノラーゼンですね。


3着以内を外したことがないんですね。


もう10戦してるのが気になりますが。


皐月賞とダービー2冠のドゥラメンテが骨折で不在ですので、ここは勝たないといけないですね。



皐月賞4着で、裂蹄でダービーを回避した、ブライトエンブレム


約5カ月ぶりとレース間隔が開きましたが、母親も秋に開花しましたから楽しみですね。



皐月賞で3着、ダービーでは14着惨敗のキタサンブラック


陣営は、敗因が距離とは思えないと言っていますが、母父サクラバクシンオー


私は2000mが限界だと思います。


今回の結果で今後の方向性を決めるそうです。



皐月賞で12着惨敗のベルーフは、前走の小倉記念では古馬相手に好走しました。


ひと叩きされているし、中山の京成杯を勝っているので、ここはある程度人気が出るでしょう。


叔父には、大種牡馬のステイゴールドがいる血統。


激走してもおかしくないですね。


私の注目馬は、ダービーで7着のタンタアレグリア


出遅れ後方2番手から追い上げて、サトノラーゼンとわずか0秒5差。


スタートさえうまく行けば十分勝負になるでしょう。



ダービーで12着惨敗のミュゼエイリアン


毎日杯で勝った時のような競馬が出来ればいいのですが。


血統的には、祖母エリンバードは2011年のオークス馬エリンコートを輩出。


近親には、1996年のダービー馬 フサイチコンコルド、2007年、2009年の皐月賞馬 ヴィクトリーアンライバルドがいます。



デビューから負け無しで2連勝中のロッカフェスタ


2戦とも上がり3ハロン33秒台の末脚。


ルメール騎手を擁して勝ちに来ていますね。

ここが試金石ですので楽しみですね。



現在2連勝中のジュンツバサ


祖母オーピーキャットの仔ブラックタキシード(父サンデーサイレンス)は、1999年のセントライト記念を勝っています。


母父がアフリートっていうのが距離的にちょっと気になりますね。




セントライト記念は、ここ10年で1番人気が3頭だけしか勝っていません。


結構荒れるレースですが、今年はどうでしょう。




2015年 ローズステークス 注目馬

第33回ローズステークスの注目馬を紹介します。



今週末は3日間開催で、9月19日(土)、20日(日)、21日(月)に行われます。


9月20日(日)の阪神では、秋華賞トライアルレース唯一の重賞 第33回ローズステークス(GII、芝1800m)が行われます。


なんと阪神JF桜花賞オークスそれぞれの優勝馬が出走します。


最注目馬は、オークス馬のミッキークイーンですね。


デビューから5戦してまだ連対を外していません。


そして阪神は、新馬戦の2着以外は2戦2勝です。


ちなみにこの新馬戦の3着は、ローズステークス出走予定のアンドリエッテです。



オークス2着のルージュバックは秋華賞直行、オークス3着のクルミナルは右前屈腱炎で出走しませんので、ここはオークス馬として、恥ずかしい競馬は出来ないですね。



桜花賞馬のレッツゴードンキは、オークスは折り合いを欠いて10着に敗れたので、距離短縮はプラス材料で、巻き返しに期待ですね。



阪神ジュベナイルフィリーズ優勝馬のショウナンアデラは、右前脚の骨折でクラシックを棒に振りましたが、ようやく戻ってきましたね。


ここは久々ですから、無事走ってくれて惨敗でなければOKですね。


ショウナンアデラは、捻挫により回避決定


私が一番注目しているのは。デビューから負け無しで3連勝中のディープジュエリー


前走のスイートピーステークスでは、上がり3ハロン33.8秒の末脚で絶望的な位置から差し切りました。


騎手が下手くそだったって言う噂もありますが・・・。


オークスも出走可能でしたが、先を見越して出走させませんでした。



血統的には、


ディープインパクト×母父Giant’s Causeway


Giant’s Causeway(ジャイアンツコーズウェイ )は、Storm Cat(ストームキャット)の直仔です。


ジュエルオブザナイトは、アメリカで2戦未勝利。


ジュエルオブザナイトの産駒には、半姉イヴニングジュエル(Evening Jewel)がいます。


イヴニングジュエル(父Northern Afleet ノーザンアフリート)は、G1デルマーオークス(芝9f)、G1アシュランドステークス(AW8.5f))など重賞4勝。


3代母エクセレントレイディ(Excellent Lady)は、ジェネラルチャレンジ(General Challenge)とノータブルキャリア(Notable Career)の2頭のG1馬を輩出。


4代母ノーザンシー(Northern Sea)は、アルゼンチンのリーディングサイアーを7年連続獲得した、「南半球のサンデーサイレンス」とも呼ばれたサザンヘイロー(Southern Halo )を輩出。


そして、「父ディープインパクト×母父Giant’s Causeway」の組み合わせからは、仏1000ギニー馬 ビューティパーラー(Beauty Parlour) が出ています。


血統的には、G1取ってもおかしくないですね。一線級との対決は初めてですから、ここが試金石ですね。



あとは、オークス5着のアンドリエッテ


騎手も川田将雅騎手から、横山典弘騎手に乗り替わるので楽しみですね。



そして、血統的に面白いのは2頭います。


名牝トゥザヴィクトリーの仔でトゥザワールドの全弟、トーセンビクトリー(父キングカメハメハ)。


現在2連勝中。


しかし中京、小倉の平坦コースで今回は阪神。


果たしてどうでしょうか?



同じく良血で、名牝メジロドーベルの仔のレーヌドブリエ(父ゼンノロブロイ)。


こちらも現在2連勝中。


メジロドーベルの仔の成績はイマイチなので頑張って欲しいですね。



オークス惨敗のクイーンズリングシングウィズジョイはどこまで巻き返すでしょうか?





藤田菜七子 2019年 カレンダー 壁掛け
記事検索
地方競馬情報・投票サイト【オッズパーク競馬】
ブログランキング
スポンサードリンク
楽天競馬
プロフィール

夜沢翼

スポンサードリンク
アーカイブ
最新コメント
忍者AdMax
日刊スポーツ 極ウマ・プレミアム
楽天トラベル
スポンサードリンク
ツイッター
話題の男のサプリ!【 リザベリン 】
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
楽天商品
小倉優香 セカンド写真集『じゃじゃうま』
モーニング娘。'19 横山玲奈 写真集『 REINA is eighteen ~N to S~』
市川美織 1st写真集『PRIVATE』
日向坂46ファースト写真集『立ち漕ぎ』
生田絵梨花 2nd写真集『インターミッション』
池田エライザ ファースト写真集 pinturita
丸ごと一冊 藤田菜七子
Winning Post 9 - PS4
【競馬Tシャツ】福永なんかアタマで買うんじゃ無かった…
【競馬 Tシャツ 】東京競馬場 府中千八 展開要らずTシャツ
【競馬 Tシャツ 】京都競馬場 淀の坂
【競馬Tシャツ】新潟競馬場 直線1000m
【競馬Tシャツ】ワイドなら当たってた
【競馬Tシャツ】ダート 併せ馬 強め
【競馬Tシャツ】レコード
【競馬 Tシャツ 】上がり3ハロン
【競馬Tシャツ】未勝利
【競馬Tシャツ】自在型
【競馬Tシャツ】目指せ!凱旋門賞
【競馬Tシャツ】競馬狂
【iPhone6オリジナルケース】福永なんかアタマで買うんじゃ無かった…
POGの達人 完全攻略ガイド 2019~2020年版
競馬四季報
競馬資金を稼ぐならポイントサイト「げん玉」登録無料!
RSS登録バナー
Subscribe with Live Dwango Reader
人気ブログランキング
  • ライブドアブログ