ディアドラ 馬主【森田藤治」の記事を紹介します。


5月21日(日)に、第78回 オークス(東京、G1、3歳牝馬、芝2400m)が行われます。


登録馬のディアドラ馬主がちょっと気になったので、調べてみました


ディアドラ馬主は、森田藤治(もりたとうじ)さんです。

森田藤治さんは、森田屋食品 株式会社代表です。


森田藤治さんの今年デビューの2歳馬注目馬は、ディープインパクト産駒牡馬 イベリア(アドマイヤアモーレの2015)です。



【冠名】 トーコー


【勝負服色】 赤、鼠一本輪、白袖






ディアドラ 血統】  (牝3)


父  ハービンジャー
母  ライツェント
母父 スペシャルウィーク


調教師 :橋田満(栗東)


生産者 :ノーザンファーム


通算成績:10戦2勝



半兄オデュッセウス(父ファルブラヴ)は、2015年の兵庫ジュニアグランプリ 3着馬。


従兄ロジユニヴァースは、2009年のダービー馬

伯父に、 ランフォルセノーザンリバーダート重賞馬がいる血統。



ディアドラ(ライツェントの2014)は、2015年の「セレクトセール20151歳馬セリにて、森田藤治さんが2100万円(税抜)で落札。


ディアドラ」の馬名意味は、「ケルト神話に登場する女性名」です



ディアドラは、前走の矢車賞(500万下)を2馬身差の圧勝

しかも、ラスト上がり3ハロンはメンバー最速の33.8秒

しかし、矢車賞1800m戦で、ディアドラは、それ以上の距離を経験したことがありません

ただ、2400mはどの馬も経験していなく、今年は大混戦ディアドラにもチャンスがありますね。


オークス
楽しみですね!