トーホウドミンゴ 馬主【東豊物産」の記事を紹介します。


12月18日(日)に、第68回朝日杯フューチュリティステークス(阪神、G1、2歳、芝1600m)が行われます。


登録馬のトーホウドミンゴの馬主がちょっと気になったので、調べてみました。


トーホウドミンゴの馬主は、愛知県豊田市にある東豊物産 株式会社(とうほうぶっさん かぶしきがいしゃ)です。

東豊物産の業務内容は、自動車タイヤの関連部品の製造・販売です。

東豊物産の会長は高橋照夫さんで、この方が実質の馬主です。


東豊物産は、2014年にトーホウジャッカルにより、菊花賞JRA G1初制覇を果たしています。




【冠名】  トーホウ

【勝負服色】  赤、青十字襷、袖白縦縞


【主な所有馬】

トーホウシデン(2000年 菊花賞 2着、2003年 中山金杯)
トーホウエンペラー(2001年 東京大賞典、2002年 南部杯)

トーホウアラン(2006年 京都新聞杯、2008年 京都大賞典)

トーホウアマポーラ(2014年 CBC賞)

トーホウジャッカル(2014年 菊花賞)




トーホウドミンゴ 血統】  (牡2)

父  ネオユニヴァース
母  トーホウリッチ
母父 マイネルラヴ


調教師 :谷潔(栗東)


生産者 :竹島幸治


通算成績:3戦1勝


一族に、1987年のブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米、G1、ダ8F) 優勝馬のSuccess Express(サクセスエクスプレス)がいる血統。


トーホウドミンゴ」の馬名意味は、「冠名+日曜(西)」です。




トーホウドミンゴは、前走の未勝利戦で勝ち上がったばかりで、抽選対象です。


今年の朝日杯フューチュリティステークスは抜けた馬がいなく混戦になりそうですが東豊物産JRA G1 2勝目をもたらすか。


朝日杯フューチュリティステークス楽しみですね!