【2016年 天皇賞(春)】 予想」の記事を紹介します。



明日5月1日(日)に、第153回天皇賞(春)(京都、G1、芝3200m)が行われます。



予想ですが、3連複1頭軸から流します。



1頭軸
ゴールドアクター



相手
シュヴァルグラン
サウンズオブアース
キタサンブラック
トーホウジャッカル
フェイムゲーム



本命は、ゴールドアクター


前走の日経賞では、2番手から抜け出す横綱相撲で完勝。


しかも、2着のサウンズオブアースの斤量が56㎏に対し、ゴールドアクター58㎏


何かアクシデントがない限り、馬券対象から外れるということはないと思います。


6連勝で盾の戴冠へ。



相手は、シュヴァルグラン


前走の阪神大賞典では、メンバー最速の上がり3ハロン34.9秒の末脚で、ただ1頭違う脚で2馬身半差の完勝し、長距離適正を披露。


一線級とは初対決となりますが、ここは試金石ですね。


半姉がヴィルシーナ(父ディープインパクト)の良血馬G1初出走で、G1初制覇なるか。



単穴は、サウンズオブアース


本来は、2番手にしたかったが、騎手が・・・。



前走の日経賞では、休み明けでしたがゴールドアクターの2着。


16戦して2着が7回のシルバーコレクター


そろそろ勝ちたいですね。



連下は、キタサンブラックトーホウジャッカルフェイムゲーム



キタサンブラックは、盾男の武豊騎手がマイペースに持ち込めるか。


トーホウジャッカルは、久々を叩かれ、復活となるか。


フェイムゲームは、長距離得意で侮れません。




天皇賞(春)は、ゴールドアクター以外はそんなに差がなく、難しい1戦ですね。


こういう時は、荒れるような気がしますが・・・。


天皇賞(春)楽しみですね!