【2016年 安田記念】 予想」の記事を紹介します。



明日6月5日(日)に、第66回安田記念(東京、G1、3歳以上、芝1600m)が行われます。



予想ですが、3連複1頭軸から流します。



1頭軸
モーリス



相手
サトノアラジン
リアルスティール
ロサギガンティア
イスラボニータ
フィエロ



本命は、モーリス


前走のチャンピオンズマイルでは、コンテントメント2馬身差の完勝。


これで7連勝G1は4連勝と向かうところ敵なし。


香港から1ヶ月しか経っていませんが、このメンバーでは負けるわけにはいかないですね。


対抗は、サトノアラジン

ラキシスの全弟という良血馬


前走の京王杯スプリングカップで、ようやく重賞初制覇


しかも、上がり3ハロンがメンバー最速タイの32.4秒



昨年のマイルチャンピオンシップでは、王者モーリス0.2秒差の4着。


覚醒した今、京王杯スプリングカップと同じ脚を使えれば逆転も。



単穴は、リアルスティール

クラシックでは惜敗続きでしたが、前走のドバイターフでは、良血馬がようやくG1 初制覇


問題は今回マイル戦が初挑戦。


しかし、5歳馬の全兄ラングレーは、昨年暮れからマイル戦に挑戦し、3戦2勝と結果を出しているので、距離短縮は問題ないでしょう。


G1初制覇した勢いでG1 2連勝へ。



連下は、ロサギガンティアイスラボニータフィエロ


ロサギガンティアは休み明けの京王杯スプリングカップを、勝ち馬のサトノアラジンから0.2秒差の3着でしたが、叩き2戦目でしかも本格化した今侮れないですね


イスラボニータは、王者モーリスに昨年のマイルチャンピオンシップでは、0.2秒差の4着でしたが、今年に入って、9着、5着と結果が出ていません・・・



フィエロは、休み明けのマイラーズカップを、勝ち馬のクルーガーから0.4秒差の4着でしたが、年齢的にどうか・・・。




安田記念は、軸以外は大混戦で難しいですね。

安田記念楽しみですね!