ラベンダーヴァレイ 血統【桜花賞 出走】」の記事を紹介します。


4月10日(日)に、牝馬クラシックの幕開け 桜花賞(阪神、G1、芝1600m)が行われます。


登録馬のラベンダーヴァレイ(牝3)は、前走の桜花賞トライアル チューリップ賞で、10番人気で3着に入り、桜花賞への優先出走権を獲得しました。


ラベンダーヴァレイの血統がちょっと気になったので、調べてみました



ラベンダーヴァレイ 血統】  (牝3) 

父  ディープインパクト
母  クロウキャニオン
母父 フレンチデピュティ


Northern Dancer 9.38% 5×5×5 のクロスが発生。



調教師 :藤原英昭(栗東)


馬主  :金子真人ホールディングス 株式会社


生産者 :ノーザンファーム


通算成績:3戦1勝



全兄は、ボレアスカミノタサハラなどの重賞馬がいる血統。



馬主は言わずと知れた金子真人(かねこまこと)さんです。



ラベンダーヴァレイ」の馬名意味は、「ラベンダーの咲く谷」です。




ラベンダーヴァレイは1勝馬ですが、前走の桜花賞トライアルチューリップ賞で、10番人気の低評価を覆し3着と大健闘。

桜花賞でも人気はあまり出ないと思いますが、良血馬が大仕事をやってくれるか。


桜花賞楽しみですね!