モズアスコット 馬主【キャピタル・システム」の記事を紹介します。


今日6月3日(日)に、第68回 安田記念(東京、G1、芝1600m)が行われました。


優勝馬のモズアスコット馬主がちょっと気になったので、調べてみました


モズアスコット馬主は、株式会社 キャピタル・システムです。

キャピタル・システの代表は、北側雅司(きたがわまさし)さんです


北側雅司さんの名前でピンときた人は、相当な競馬通ですね。

北側雅司さんは、G1を2勝したグランプリボス馬主(名義は(株)グランプリ)です。



【冠名】 モズ


【勝負服色】 黒、茶元禄、袖茶縦縞

【主な持ち馬】
モズカッチャン(2017年 エリザベス女王杯)






モズアスコット 血統】  (牡4)


父  Frankel(フランケル)
母  India
母父 Hennessy


調教師 :矢作芳人(栗東)


生産者 :Summer Wind Farm(米)


通算成績:11戦5勝



従兄に、2011年のシガーマイルH(米、G1、ダ8F)、2012年のウッドワードステークス(米、G1、ダ9F) 優勝馬のTo Honor and Serve(トゥオナーアンドサーヴ)がいる血統。



モズアスコット」の馬名意味は、「冠名+イギリスの競馬場の名前」です



重賞勝ちがないのに、いきなりG1を勝ってしまいましたね。

それにしてもタイムが早すぎですね。
ストロングリターンレコードタイム1分31秒3と同タイム。
奇しくも、そのときの2着は北側雅司さんの持ち馬 グランプリボスでした。

ラスト上がり3ハロンサトノアレスと同じメンバー最速タイ33.3秒

連闘だし脚がちょっと心配ですね。


モズアスコット次走も楽しみですね!