【2017年  マーメイドステークス 結果】 のコメント」の記事を紹介します。



今日6月4日(日)に、第22回  マーメイドステークス(阪神、3歳以上牝馬、GⅢ、芝2000m)が行われました。


レース後の関係者コメントですので、次走の予想の参考にして下さい。


1着 マキシマムドパリ
藤岡佑介
騎手
「ここでは馬の力は上だと思っていたので、自信を持って、積極的に行きました。馬場が思ったよりは悪くならなかったので、力に任せて、前で流れに乗ることができた。(昨年7月以来のコンビだったが)以前と同じく乗りやすいし、馬そのものも良くなっていましたね。(自身の4年5ヶ月ぶりの重賞勝ちに)ずいぶん時間がかかってしまったが、しっかり決められてよかったです」


2着 クインズミラーグロ
幸英明騎手
「ゲートをうまく出せませんでしたが、それなりのポジションで競馬はできました。もうひと押しでした」


3着 アースライズ
中谷雄太騎手
「道中は折り合いに気をつけて。直線は前はきれいに開きましたが、もう1列前の位置を取りに行けばよかったかもしれません」


4着 キンショーユキヒメ
秋山真一郎騎手
「瞬発力タイプではないので、できれば雨が降って時計がかかる馬場になってほしかった。じりじりと伸びて頑張ってくれてるんですけどね」


5着 ビッシュ
福永祐一騎手
「自分が考えていた競馬はできました。頑張ってくれています」


6着 ハツガツオ
田中健騎手
「ゲートはひと息でしたが、最後はいい脚を使ってくれましたよ」


7着 バンゴール
尾関知人調教師
「もう少し流れるかなと思ったんですが…。それでも上がっていく感じは悪くなかった。左回りがいいのか、もう少し短い距離がいいのか…」


8着 プリメラアスール
酒井学騎手
「ハナにこだわる形で運びました。かわされてからもバタッとは止まってないんですよ」


9着 トーセンビクトリー
武豊騎手
「よくわからないとうか、つかみどころがないというか…。逃げた馬もかわせていないし、伸びてくれなかった」


10着 リーサルウェポン
高倉稜騎手
「ゲートのタイミングが合いませんでした。内にこだわる競馬をしましたが、うまく運べませんでした」


11着 ローズウィスパー
北村友一騎手
「出していって、いつもより前めで運びました。ただ、4角でペースが上がると置かれてしまいました」


12着 ショウナンバーキン
松若風馬騎手
「外枠だったので出していきましたが、右に張り気味で…」



1番人気のトーセンビクトリーは、どうしたんですかね?

トップハンデが響いたんでしょうか・・・。