サトノラーゼン 血統【菊花賞出走】」の記事を紹介します。



10月25日(日)に、クラシック 3冠のフィナーレを飾る、第76回菊花賞(京都・G1・3歳・芝3000m)が行われます。



登録馬のサトノラーゼンは、トライアルレースのセントライト記念で1番人気でしたが、7着と惨敗しました。


といっても、0.3秒差のタイムでしたので、休み明けですしそんなに問題はないと思います。



菊花賞では人気の一角になると思いますので、ちょっと気になったので、調べてみました。



馬主は、「サトノ」の冠名でおなじみの里見治さん。



【サトノラーゼン 関連記事】
里見治 馬主【冠名 サトノ】



サトノラーゼン 血統】(牡3)


父  ディープインパクト
母  トゥーピー
母父 Intikhab (インティカブ)


Hail to Reason 9.38% 4 x 5
Northern Dancer 6.25% 5 x 5

のクロスが発生。



調教師 :池江泰寿(栗東)


馬主  :里見治


生産者 :ノーザンファーム


通算成績:11戦3勝



トゥーピーは英国産、フランスで3勝し、2005年の仏1000ギニー2着馬。


母父 Intikhab (インティカブ)は現役時代、主にマイル路線で活躍しました。


Intikhab (インティカブ)の有名な産駒として、 2010年、2011年のエリザベス女王杯 連覇を含むGI 6勝の名牝 スノーフェアリー



サトノラーゼン(トゥーピーの2012)は、2013年の「セレクトセール2013」1歳馬セールにて、里見治さんが6600万円(税抜)で落札。



サトノラーゼン」の馬名意味は、「冠名+疾走する(独)」です。



やはり、気になるのは距離ですね。


サトノラーゼンは、血統的にも長距離は厳しいですし、首の付け根がかなり太く重い首で長距離に不向ですね。




サトノラーゼンは、このハンデを克服し最後の1冠の菊花賞を制することが出来るでしょうか?


菊花賞
楽しみです!