スワヤンブナート 馬主【吉田勝己社台グループオーナーズ」の記事を紹介します。


今日6月11日(土)に、3歳以上500万下(函館7R、芝2000m)が行われました。

優勝馬のスワヤンブナートの馬主がちょっと気になったので、調べてみました。


スワヤンブナート馬主は、吉田勝己(よしだかつみ)
さんです。


吉田勝己さんは、競馬通なら誰もが知っている、ノーザンファーム代表で、社台グループ創始者の故・吉田善哉(よしだぜんや)さんの次男です。


ちなみに、長男社台ファーム代表 吉田照哉(よしだてるや)さん、3男追分ファーム代表 吉田晴哉(よしだはるや)さんです

吉田勝己さんの妻は、モーリスの馬主として有名な吉田和美(よしだかずみ)さんです。


吉田勝己さんの長男は、ノーザンファームの副代表及び、サンデーレーシング代表吉田俊介(よしだしゅんすけ)さんです。

【関連記事】
社台グループ 紹介1【家族関係】
社台グループ 紹介2【グループ構成】



【冠名】  なし

【勝負服色】  黄、赤縦縞、黒袖

【主な所有馬】
ダンスパートナー(1995年オークス、1996年エリザベス女王杯など)
トップオブワールド(1996年高松宮杯、スプリンターズステークスなど)






スワヤンブナート 血統】  (セ3)

父  ジャスタウェイ
母  カトマンドゥ
母父 Country Reel


調教師 :須貝尚介(栗東)

生産者 :ノーザンファーム

通算成績:5戦2勝



近親に、仏芝マイル重賞を2勝挙げたKaldounevees(カルドゥネヴェ)がいる血統。


スワヤンブナート吉田勝己さん名義ですが、実際は、社台グループオーナーズでの募集馬です。


スワヤンブナート」の馬名意味は、「カトマンズにある世界遺産で、ネパール最古の仏教寺院。母名より連想」です。




スワヤンブナート
次走はどのレースですかね。

次走も楽しみですね!