ジープルメリア 血統【桜花賞 出走】」の記事を紹介します。


4月10日(日)に、牝馬クラシックの幕開け 桜花賞(阪神、G1、芝1600m)が行われます。


出走馬のジープルメリア(牝3)は、前走の500万円下(ダ1400m)で、3番人気で優勝しました。


ジープルメリアの血統がちょっと気になったので、調べてみました



ジープルメリア 血統】  (牝3) 

父  Street Sense(ストリートセンス)
母  Song of Africa(ソングオブアフリカ)
母父 Alzao(アルザオ)


Northern Dancer 12.50% 4×4 のクロスが発生。


調教師 :南井克巳(栗東)


馬主  :株式会社 キャピタル・システム


生産者 :Betz Thoroughbreds, Werner & Humphrey(米)


通算戦績:5戦2勝



Street Sense(ストリートセンス)は、2007年のケンタッキーダービーを含むG1を3勝


Song of Africa(ソングオブアフリカ)は、1997年のボーゲイH(米、GⅢ、芝8.5F) 2着馬。


伯父に、1988年のブルーグラスS(米、G1、ダ9F) 2着馬のIntensive Commandがいる血統。



馬主は、北側雅司(きたがわまさし)さんが代表の株式会社 キャピタル・システム


北側雅司さんは、グランプリボスなどを所有していた株式会社 グランプリの代表でもあります。


理由は分かりませんが、昨年2015年から、北側雅司さんのほとんどの馬がキャピタル・システム名義で走っていますね。



桜花賞」の馬名意味は、「冠名+プルメリア。この花の性質と同じく一年を通じて活躍するように」です。




ジープルメリアは、抽選を突破。


デビューから3戦はで走っていましたが、ここ2戦はダートで走っています。

そんな異色の馬ですが、抽選突破の勢いで桜花賞制覇なるか。


桜花賞楽しみですね!