ラーゴム 馬主【林正道」の記事を紹介します。


今日7月19日(日)に、2歳新馬戦(阪神5R、芝2000m)が行われました。

優勝馬のラーゴムの馬主がちょっと気になったので、調べてみました。


ラーゴムの馬主は、林正道(はやしまさみち)さんです。

林正道
さんは、不動産投資顧問事業 株式会社シンプレクス・インベストメント・アドバイザーズ元代表取締役社長です。


林正道さんは2014年に矢作芳人(やはぎよしと)調教師と揉めて、所有馬を全馬転厩させたことで有名になりましたね。



【冠名】  なし

【勝負服色】  海老、黒縦縞






ラーゴム 血統】   (牡2)

父  オルフェーヴル
母  シュガーショック
母父 Candy Ride



調教師 :斉藤崇史(栗東)


生産者 :ノーザンファーム


通算成績:1戦1勝


シュガーショックは、2014年のファンタジーS(米、GⅢ、ダ8.5F) 優勝馬。


ラーゴム(シュガーショックの2018)は、2019年の「セレクトセール20181歳馬セリにて、林正道さんが4,700万円(税抜)で落札。


ラーゴム」の馬名意味は、「適度で節度あること(スウェーデン語)」です。




ラーゴム次走はどのレースですかね。

次走も楽しみですね!