デニムアンドルビー 屈腱炎【叔母はトゥザヴィクトリー」の記事を紹介します。




残念なニュースが入って来ました。



今年2015年6月の宝塚記念で、ラブリーデイの2着に入ったデニムアンドルビー(牝5)が、右前脚浅屈腱炎を発症したと、9月30日にJRAが発表しました。



10月11日(日)の毎日王冠に向けて、9月16日に栗東トレセンに入厩。


9月24日にCWコースでの調教後、右前脚に異常が見られました。


その為、精密検査を行ったところ、右前脚浅屈腱炎が判明しました。


今後9ヶ月以上の休養を要する見込みです。



デニムアンドルビー 血統】


父  ディープインパクト
母  ベネンシアドール
母父 キングカメハメハ


調教師 :角居勝彦 (栗東)


馬主  :金子真人ホールディングス


生産者 :ノーザンファーム


通算成績:18戦3勝


馬名の由来は、「活発お洒落お嬢さんをイメージして」。



叔母にトゥザヴィクトリー 、叔父にサイレントディールがいる血統。



順調に復活しても6歳ですから、良血ですし引退した方がいいと思いますけど・・・。