キャンディバローズ 馬主【猪熊広次」の記事を紹介します。


4月10日(日)に、牝馬クラシックの幕開け 桜花賞(阪神、G1、芝1600m)が行われます。



桜花賞登録馬の「キャンディバローズ」がちょっと気になったので、馬主を調べてみました。


キャンディバローズの馬主は、「バローズ」の冠名でおなじみの猪熊広次(いのくまひろつぐ)さんです。

猪熊広次さんは、モバイルコンテンツ配信事業株式会社バローズを経営しており、会社名から冠名「バローズ」を使っています。


猪熊広次さんは、今の所、GIはまだ制覇していません。



【冠名】  バローズ



【勝負服色】  白、緑一本輪、白袖


猪熊広次さん 主な所有馬】

アントニオバローズ(シンザン記念 優勝、ダービー 3着)
ゴールデンバローズ(UAEダービー 3着)






キャンディバローズ 血統】  (牝3) 

父  ディープインパクト
母  アフレタータ
母父 タイキシャトル


調教師 :矢作芳人(栗東)


馬主  :猪熊広次


生産者 :富田牧場


通算成績:5戦2勝



半姉ファインチョイス(父アドマイヤムーン)は、2011年の函館2歳ステークス 優勝馬。


キャンディバローズ」の馬名意味は、「キャンディ+冠名」です。




キャンディバローズ
は、桜花賞ではあまり人気は出ないと思いますが、馬主猪熊広次さんの悲願達成なるか。


桜花賞楽しみですね!