【2016年 フラワーカップ】 結果」の記事を紹介します。



今日3月21日(月)に、桜花賞最終便 第30回フラワーカップ(中山、GⅢ、芝1800m)が行われました。



勝ったのは、福永祐一騎手騎乗の1番人気 エンジェルフェイス(牝3)



エンジェルフェイスはスタートから先頭に立ち、そのままゴールまで押し切り、1.1/4馬身差をつけ優勝。


勝ちタイムは1分49秒3。



エンジェルフェイスは、2連勝で重賞初制覇



【エンジェルフェイス 関連記事】
エンジェルフェイス 血統【フラワーカップ 出走】



2着は、2番人気 ゲッカコウ(牝3)。


3着は、14番人気 ウインクルサルーテ(牝3)。



3番人気 ルフォール(牝3)は、8着でした。



フラワーカップ 結果】16頭 中山 芝1800m 良


1着 エンジェルフェイス 福永祐一  1.49.3
2着 ゲッカコウ     松岡正海  1.49.5
3着 ウインクルサルーテ 秋山真一郎 1.49.5


3連複は24920円、3連単は82600円でした。



エンジェルフェイス 血統】(牝3)


父  キングカメハメハ
母  ワンフォーローズ
母父 Tejano Run


調教師 :藤原英昭(栗東)


馬主  :株式会社 ロードホースクラブ


生産者 :ケイアイファーム

通算戦績:4戦2勝



全姉レディアルバローザは、2011年、2012年の中山牝馬ステークスを連覇。


半姉は、2014年のクイーンステークス 優勝馬のキャトルフィーユ(父ディープインパクト)。



エンジェルフェイス」の馬名意味は、「バラの最高品種の一つ」です。



エンジェルフェイス(ワンフォーローズの2013)は、愛馬会法人ロードサラブレッドオーナーズ」の1口馬主の会員募集で、1口出資額9.72万円×500口 募集総額4860万円で募集されました。




新星誕生ですね。


エンジェルフェイス次走は桜花賞ですね。



桜花賞も楽しみですね!