サトノダイヤモンド2億3000万円の高額馬】12月26日 2歳500万円以下(元エリカ賞) 出走」の記事を紹介します。



12月26日(土)、阪神7R 2歳500万円以下(芝2000m)に、サトノダイヤモンド(牡2)が出走します。


鞍上は、C.ルメール騎手です。



この阪神7R 2歳500万円以下(芝2000m)は、昨年まで「出世レース」として有名な、キングカメハメハエイシンフラッシュばどの名馬を輩出したエリカ賞でしたが、今年から廃止になりました。



サトノダイヤモンド
は、11月の新馬戦(京都、芝2000m)で、
2億4000万円の高額馬 ロイカバードに勝利しました。

今回が2戦目になります。



サトノダイヤモンド 血統】(牡2)


父  ディープインパクト
母  マルペンサ
母父 Orpen


調教師 :池江泰寿(栗東)


馬主  :里見治


生産者 :ノーザンファーム


戦績  :1戦1勝



母のマルペンサは、フィルベルトレレナ大賞典(アルゼンチン、G1)を含むG1 3勝を挙げました。


近親には、1993年のポージャ・デ・ポトランカス大賞 (アルゼンチン1000ギニー)を制したLa Costa Azul(ラコスタアスール)がいます。


さらにこの牝系を遡ると、南米のG1馬がずらりと並ぶ名門ファミリーです。



馬主は、「サトノ」の冠名でおなじみの里見治(さとみはじめ)さんです。



サトノダイヤモンド(マルペンサの2013) は、2013年の「セレクトセール2013」当歳馬セリにて、里見治さんが2億3000万円(税抜)で落札。



サトノダイヤモンド」の馬名意味は、「冠名+宝石名。流星の形から連想」です。




サトノダイヤモンドは、重賞を使うと思われたのですが、無難に平場を選びましたね。


ここは順当に勝って、春のクラシックに向かって欲しいですね!


レース楽しみですね!