エゾダイモン 馬主【藤田晋」の記事を紹介します。


今日3月10日(日)に、4歳以上500万下(中京8R、芝2000m)が行われました。

優勝馬のエゾダイモン
馬主がちょっと気になったので、調べてみました。


エゾダイモン馬主は藤田晋(ふじたすすむ)さんです。


藤田晋さんは、株式会社サイバーエージェント 代表取締役社長です。

グループ企業には、育成シミュレーションゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」を配信している株式会社Cygamesがあります。



【冠名】 なし


【勝負服色】 海老、袖白二本輪






エゾダイモン 血統】 (牡4)


父  ハーツクライ
母  メジロツボネ
母父 スウェプトオーヴァーボード



調教師 :武幸四郎(栗東)


生産者 :レイクヴィラファーム


通算成績:9戦2勝



曽祖母メジロラモーヌは、1986年の牝馬三冠馬


半兄グローリーヴェイズ(父ディープインパクト)は、2019年、2021年の香港ヴァーズ 優勝馬。


エゾダイモン(メジロツボネの2020)は、2021年の「セレクトセール20211歳馬セリにて、藤田晋さんが1億6,500万円(税抜)で落札。


エゾダイモン」の馬名意味は、「地名+人名より」です。



エゾダイモン次走はどのレースですかね。

次走も楽しみですね!