ウムブルフ 血統【京成杯 出走】」の記事を紹介します。



1月17日(日)に、第56回京成杯(中山、GⅢ、3歳、芝2000m)が行われます。



登録馬のウムブルフは、前走の未勝利戦を4馬身差の圧勝。



ウムブルフの血統がちょっと気になったので、調べてみました



ウムブルフ 血統】(牡3)


父  ディープインパクト
母  ウミラージ
母父 Monsun(モンズーン)


Lyphard 12.50% 4×4 のクロスが発生。



調教師 :堀宣行 (美浦)


馬主  :社台レースホース


生産者 :社台コーポレーション白老ファーム


通算成績:3戦1勝



ウミラージは、母系にUの頭文字がずらりと並ぶ、Uラインのドイツ血脈(血統)です。



近親にG1 4勝ウンガロ(父Goofalik)がいる血統。



母父モンズーン(Monsun)は、G1を3勝、1993年のドイツ年度代表馬、そして3回のドイツリーディングサイアーを獲得。



ウムブルフ」の馬名意味は、ドイツ語で「大変革、大改革、地殻変動」です。



クラブ法人(馬主)の「社台レースホース」は、1口馬主クラブ。


愛馬会法人は、「社台サラブレッドクラブ」でこちらが1口馬主の会員募集をしています。



【勝負服色】黄、黒縦縞、袖青一本輪



ウムブルフ(ウミラージの2013) 1口馬主 募集価格】
1口出資額 :175万円
総口数  :40口 
募集総額 :7000万円




ウムブルフは、デビューしてから2戦とも2着に敗れていましたが、3戦目でようやく勝ち上がりました。


ここは、試金石になりますが果たして結果を残せるでしょうか。



京成杯楽しみですね!