アードラー 馬主【吉澤克己」の記事を紹介します。


今日8月10日(土)に、阿蘇ステークス(小倉、OP、3歳以上、ダ1700m)が行われました。

優勝馬のアードラーの馬主がちょっと気になったので、調べてみました。


アードラー馬主は、吉澤克己(よしざわかつみ)さんです。


吉澤克己さんは、北海道浦河町にある育成牧場「吉澤ステーブル」の代表です。


分場が、吉澤ステーブルEAST(茨城県)と吉澤ステーブルWEST(滋賀県)の2ヶ所あります。

ウメノファイバータニノギムレットゴールドシップエポカドーロなどのG1馬が育成されています。


【冠名】  なし

【勝負服色】  桃、赤十字襷、白袖赤縦縞






アードラー 血統】  (牡5)

父  シニスターミニスター
母  ハイジトウショウ
母父 バブルガムフェロー



調教師 :音無秀孝(栗東)

生産者 :トウショウ産業株式会社トウショウ牧場

通算成績:24戦6勝



伯父に、2006年の根岸ステークスクラスターカップ  3着馬のトウショウギアがいる血統


アードラー(ハイジトウショウの2014)は、2015年の「北海道サマーセール1歳馬セリにて、吉澤ステーブル450万円(税抜)で落札。


アードラー」の馬名意味は、「鷲(独)」です。




アードラー次走はどのレースですかね。

次走も楽しみですね!