【2016年 天皇賞(秋)】 予想」の記事を紹介します。



明日10月30日(日)に、第154回天皇賞(秋)(東京、G1、3歳以上、芝2000m)が行われます。



予想ですが、3連複1頭軸から流します。



1頭軸
モーリス



相手
ルージュバック
エイシンヒカリ
アンビシャス
ステファノス
ラブリーデイ



本命は、モーリス


前走、前々走は2着に敗れましたが、ともに勝ち馬にマイペースで逃げ切られ敗因がはっきりしています。


前走で距離の目途はつき、今回はメンバー的に早く流れると思うので、モーリスには有利な展開になるでしょう。


そして、今回はモーリスG1を4勝中2勝を挙げているムーア騎手に戻り万全の態勢。


最強マイラーだけでなく、最強中距離馬称号も得ることが出来るか。



対抗は、ルージュバック

休み明けの前走の毎日王冠を牡馬相手に快勝。

重賞を2連勝良血馬がいよいよ開花か


問題は、5勝しているうち4勝が1800m戦(うち3勝は東京)。

1Fの距離延長でも豪脚を駆使出来るか。

2010年のブエナビスタ以来の牝馬の優勝馬へ虎視眈々。



単穴は、エイシンヒカリ

ペースの鍵を握っているのはこのエイシンヒカリ

マイペースで逃げられれば圧勝劇も。


鉄砲は問題ありませんが、問題は、天皇賞(秋)逃げ馬にとって鬼門のレース。


1987年のニッポーテイオーまで遡らないと逃げ馬の優勝馬がいません(1991年のプレクラスニーはメジロマックイーンの降着の為除外)。

そして、1枠1番 逃げ馬と言えば悲劇の馬 サイレンススズカとダブりますね。

果たして、日本最後のレースを優勝で飾れるか。


連下は、アンビシャスステファノスラブリーデイ


アンビシャスは、休み明けの前走の毎日王冠ルージュバックの2着。

G1
でまだ馬券対象になっていないが、昨年5着の雪辱を果たせるか



ステファノスは、休み明けの前走の毎日王冠を不利があって5着。

昨年のローテと一緒で、果たして昨年2着の雪辱を果たせるか。



ラブリーデイは、休み明けの前走の京都大賞典を3着。

昨年の優勝馬ですが、今年に入って年齢のせいか陰りが・・・。




上位2頭が距離という面で楽観視出来ません。


そして、馬券の鍵を握っているのがエイシンヒカリの逃げ。


昨年は逃げられず惨敗しましたが、今年は間違いなく逃げるでしょう。


エイシンヒカリが逃げてハイペースで沈んだ場合、後方待機の馬が突っ込んできて荒れるパターンも考えられますね。


軸も全幅の信頼を置けなく、大混戦で荒れそうですね・・・。



天皇賞(秋)
楽しみですね!