アルバート 血統【日経賞 出走】」の記事を紹介します。


3月26日(土)に、第64回日経賞(中山、GⅡ、4歳以上、芝2500m)が行われます。


登録馬のアルバート(牡5)は、前走の有馬記念で、7番人気で11着でした。


アルバートの血統がちょっと気になったので、調べてみました



アルバート 血統】 (牡5)

父  アドマイヤドン
母  フォルクローレ
母父 ダンスインザダーク


Northern Dancer 15.63% 4×5×4 のクロスが発生。



調教師 :堀宣行(美浦)


馬主  :林正道


生産者 :ノーザンファーム


通算成績:17戦6勝



叔父に、重賞3勝で、2005年のダービー2着馬 インティライがいる血統。



馬主は、不動産投資顧問事業 株式会社シンプレクス・インベストメント・アドバイザーズ元代表取締役社長林正道(はやしまさみち)さんです。



アルバート(フォルクローレの2011)は、2012年の「セレクトセール2012」1歳馬セリにて、林正道さんが3000万円(税抜)で落札しました。



アルバート」の馬名意味は、「人名より」です。




アルバートは、4連勝で挑んだ有馬記念で11着と惨敗。


とはいえ、優勝馬のゴールドアクターから0.6秒差ですから、GⅡであれば巻き返し可能か。


ここは重賞2勝目を挙げ、天皇賞(春)に向かいたいですね。


日経賞楽しみですね!