競馬 GI予想勝負!

競馬 GI予想を勝負していきます!
馬主を目指しています!!

その他

【福島信晴 厩舎】有力馬 転厩先

福島信晴 厩舎】有力馬 転厩先」の記事を紹介します。



福島信晴(ふくしまのぶはる) 調教師が2月末で定年引退の為、各馬が転厩します。


福島信晴 厩舎有力馬 転厩先をまとめてみました。


ダイアナヘイロー(牝5)
大根田裕之(おおねだひろゆき) 厩舎(栗東)


ナムラキヌ(牝3)
高橋義忠 厩舎(栗東)




「【目野哲也 厩舎】有力馬 転厩先

目野哲也 厩舎】有力馬 転厩先」の記事を紹介します。



目野哲也(めのてつや) 調教師が2月末で定年引退の為、各馬が転厩します。


目野哲也 厩舎有力馬 転厩先をまとめてみました。


ケイティクレバー(牡3)
安田翔伍(やすだしょうご) 厩舎(栗東)


ケイティブレイブ(牡5)
杉山晴紀(すぎやまはるき) 厩舎(栗東)


トラキチシャチョウ(牡7)
服部利之
厩舎(栗東)


ナムラアラシ(牡5)
牧田和弥 厩舎(栗東)





ソウルスターリングは毎日王冠でなぜ惨敗したのか考察しました

ソウルスターリングは毎日王冠でなぜ惨敗したのか考察しました」の記事を紹介します。



今日10月8日(日)に東京11R 毎日王冠(3歳以上、GⅡ)が行われ、3番人気のリアルスティールが優勝しました。

1番人気のソウルスターリングは8着と惨敗しました。

ちょっと残念な結果でしたね。


では、何故ソウルスターリングが惨敗したのか考察しました。


①休み明け

3ヶ月の休み明けではチューリップ賞で1着と問題なかった
今回は約5ヶ月の休み明けで、これが問題か?
ルメールは「スタート前のテンションが高かった。」と言っています


②ペースが合わなかった
初の逃げになったが、前半1000m60秒平均ペースで問題なし
残り200mで追い出し始めたが伸びず
よってペースは問題なかったが、ダイワキャグニーに終始突っつかれていて堪えたか?


③馬場が合わなかった
今日の発表だが、昨日までの芝は重→稍重であって、今日は完全なではなかった
大跳びの馬で、稍重桜花賞で3着に敗れているように、今日は合わなかったか?



結論としては、休み明け、逃げでマークされたこと、馬場が合わなかったことでしょうか。
ちょっと天皇賞(秋)が心配ですね。
本番は逃げではなく、先行抜けだしの形でレースを進めて欲しいですね。





【2017年 スプリンターズステークス 結果】のコメント

【2017年  スプリンターズステークス 結果】 のコメント」の記事を紹介します。



今日10月1日(日)に、第51回 スプリンターズステークス(中山、3歳以上、G1、芝1200m)が行われました。


レース後の関係者コメントですので、次走の予想の参考にして下さい。


1着 レッドファルクス
M.デムーロ
騎手
「4コーナーでポジションが少し後ろすぎた。手応えはよかったが、(今日の馬場だと)後ろからは伸びないので、どうかなと思ったが。(他の馬とは)全然違う脚を使ってくれた。去年より休み(の期間)が長かったけど、(走りは)変わらなかった。とても賢い馬ですね」


2着 レッツゴードンキ
岩田康誠
騎手
「夢を見過ぎたかな。スタートが良く、いいポジションに付けられた。最内ギリギリを狙って抜けたけど、そこで少し気が抜けたのか…。あそこまで行ったら何とかしたかった」


3着 ワンスインナムーン
石橋脩
騎手
「自分の思い描いたレースはできた。ハナに行こうと思って行けたし、直線入り口までで(後続を)離していこうと思っていた。力をつけているし、馬は頑張っている。感謝ですね」


4着 スノードラゴン
大野拓弥
騎手
「馬の状態は良かったし、時計の速い馬場でも内で脚をためられたのが良かった」


5着 ブリザード
G.モッセ
騎手
「スタートで少し出遅れてしまい、外の馬が出ていたので進路を失ってしまい、ロスしてしまいました。その後はよく折り合い、指示通り進出していき、直線でもよく伸びてくれました。悔しいレースでした」


6着 ビッグアーサー
福永祐一
騎手
「いいスタートからリズム良く運べたけど、外から他馬に来られた時に少し力みが出た。直線半ばまでは『これは』と思える手応えだったし、9か月半ぶりでも頑張っていた」


7着 メラグラーナ
戸崎圭太
騎手
「馬は今までで一番いいくらいの状態だった。もう少し(レースが)流れてくれたら良かったんですが、後ろからの位置取りになって厳しかった」


8着 ダンスディレクター
浜中俊
騎手
「馬の感じは前走よりも良くなっていた。ペースが遅くて、大外枠で内にももぐれず厳しかった」


9着 フィドゥーシア
三浦皇成
騎手
「追い切りのイメージ通りに乗れて頑張ってくれた」


10着 シュウジ
須貝
調教師
「しまいを生かす形でよく差してきたし、こういう形の競馬ができるということを分かったのは、今後に向けて収穫だった」


11着 セイウンコウセイ
幸英明
騎手
「これまでもまれる経験が少なくて、伸びがもうひとつだった。敗因はそれくらいしか思いつかないですね…」


12着 ファインニードル
内田博幸
騎手
「スタートしてからごちゃついて控えざるを得なかった。外枠から外、外を回っても大きくは負けていないし、慣れてくればG1でもやれると思う。今日は中2週の臨戦の影響もあったかもしれないね」


13着 ラインミーティア
西田雄一郎
騎手
「スタートのあとにトモを滑らせて、後方からの競馬になった。G1であの位置からでは…。もったいないですね」


14着 モンドキャンノ
池添謙一
騎手
「いいスタートから、(指示通りに)抑えて運んだ。4角手前で仕掛けたところで思ったより反応がなくて、自分から走るのをやめている感じだった」


15着 ダイアナヘイロー
武豊
騎手
「スタートからやりたいレースはできたけど…。今日は格負けだね」


16着 ネロ
勝浦正樹
騎手
「できればハナへと思っていたけど行けなかった。早めに他馬に来られたぶん、最後はきつくなった」






ハリーレガシーの記事がランクイン?理由はオークションでした

ハリーレガシーの記事がランクイン?理由はオークションでした」の記事を紹介します。



先週、ハリーレガシーの記事が何故か人気記事ランクインしていました。
この記事です。
POG2016-2017 ハリーレガシー(バルドウィナの2014)

出走もしていないのに、おかしいなあと思っていました。
すると理由が分かりました。

毎週木曜日に開催されている楽天サラブレッドオークションが8月17日に行われ、ハリーレガシーが落札されていたんですね。

ハリーレガシー 血統】  (牡3)
父  ヴィクトワールピサ
母  バルドウィナ
母父 Pistolet Bleu

通算成績:6戦0勝


全姉ジュエラーは2016年の桜花賞馬
半姉ワンカラット(父ファルブラヴ)は短距離重賞を4勝し、2010年のサマースプリントシリーズチャンピオン

●第166回 サラブレッドオークション 落札結果
落札金額:325万円(税抜)
落札者 :ぐりぐり君犬塚悠治郎氏)

落札者ヘッドストリームなどを所有している犬塚悠治郎氏。
一口馬主界ではぐりぐり君として有名人ですが、今年から中央競馬で馬主デビューしました。


ハリーレガシーはここ2戦惜しい競馬をしていたので、残念ですね。
新天地は岩手競馬橘友和厩舎に所属です。
岩手競馬で2勝したら、その後は中央競馬に戻すそうです。
成功を祈るばかりです。


他にも、2012年のサマースプリントシリーズチャンピオンに輝いたパドトロワの半弟ルパルク(セ、3歳)が182万円(税抜)で落札されるなど多数の馬が落札されました。

こちらは、犬塚悠治郎氏が代表馬主で共同所有になります。
ちなみに、ルパルク船橋競馬佐藤裕太厩舎所属です。
ルパルクも活躍して中央競馬に戻ってきて欲しいですね。





【2017年 宝塚記念 結果】のコメント

【2017年  宝塚記念 結果】 のコメント」の記事を紹介します。



今日6月25日(日)に、第58回 宝塚記念(阪神、3歳以上、G1、芝2200m)が行われました。


レース後の関係者コメントですので、次走の予想の参考にして下さい。


1着 サトノクラウン
M.デムーロ騎手
「すごく嬉しいです。本当に良かったです。キタサンブラックはすごく強い馬ですから、キタサンブラックを見ながらレースをしました。自分の馬も気持ちが入っていましたし、馬場もすごく合っていますし、すごくいい脚で気持ち良かったです。さすがGIホースです。自信を持って乗りました。大阪杯は残念でしたが、今日は本当に良かったです」

堀宣行調教師
「馬がよく頑張って、ジョッキーもうまく乗ってくれました。前走の大阪杯ではいい状態で出走出来なかったので、そのリベンジという思いがありました。結果が出て良かったです」


2着 ゴールドアクター
横山典弘騎手
「別に馬場を気にしているところもありませんでしたし、思い通りに走ってくれました。よく頑張っています。何と言っても今日は馬のデキが良かったです。天皇賞の時は状態が本調子ではありませんでした。今日は全然違いましたから、自信を持って乗りました。負けて残念でしたが、よく頑張りました」


3着 ミッキークイーン
浜中俊騎手
「前回(ヴィクトリアマイル7着)は残念な結果だったけれど、力があるところは見せられた」


4着 シャケトラ
C.ルメール騎手
「今日は2番手でしたが、リラックス出来ていませんでした。直線、頑張っていましたが、最後は止まってしまいました。もっとリラックス出来ていれば、また違ったと思います」


5着 レインボーライン
岩田康誠騎手
「(勝つために)3コーナーから仕掛けていった。その分、最後は止まってしまった。でも最後まで頑張ってくれている」


6着 ミッキーロケット
和田竜二騎手
「勝負どころで内にササってしまいました」


7着 スピリッツミノル
幸英明騎手
「内々で、早め早めに動こうと思っていました。4コーナーでは上位に来られる感じでしたが、馬場の悪いところを通ったところもあると思います。いい時に戻ってきた感じがあります」


8着 シュヴァルグラン
福永祐一騎手
「逃げるのもありかと思っていました。スタート良く、馬なりで行けました。ペースは楽でしたが、ペースアップした時に向正面で脚を取られてしまいました。残念でしたが、先行力がついたことにずいぶん進歩したと思います。競馬の幅が広がったと思います」


9着 キタサンブラック
武豊騎手
「走らなかったですね。正直、よくわからないです。ここまで(負けるの)は初めてだから。僕自身も残念。雨も思ったほど降らなかったので、馬場もそこまで影響するほど悪くなかった。状態も返し馬も悪くなかったし、レースで不利があったわけでもない。全部勝つっていうのは難しいですね、やっぱり」

北島三郎オーナー
「凱旋門賞は行きません。夏はゆっくり休ませて、秋は天皇賞(10月29日、東京)に行ければいいかな。有馬記念(12月24日、中山)にも出したいと思っている」


10着 クラリティシチー
松山弘平騎手
「スタートが良くて、馬なりで好位につけられました。枠が内めでしたし、ロスなく回ったと思いましたが…。初めて乗ったので分からないところもあります」

11着 ヒットザターゲット
川田将雅騎手
「のめって走っていましたからね」





【2017年 エプソムカップ 結果】のコメント

【2017年  エプソムカップ 結果】 のコメント」の記事を紹介します。



今日6月11日(日)に、第34回  エプソムカップ(東京、3歳以上、GⅢ、芝1800m)が行われました。


レース後の関係者コメントですので、次走の予想の参考にして下さい。


1着 ダッシングブレイズ
浜中俊
騎手
「スタートが良くて、自然とあの位置になりました。馬のリズムを最優先に進めました。坂を上がってからもう一度頑張ってくれました。初めての距離でしたが、戦前から大丈夫だろうと思っていました。この馬とは昨年2月に落馬してしまい、申し訳ないことをしたという気持ちがずっと心にありました。彼ともう一度頑張れるのではと思っていました。祈りが叶って嬉しいです」


吉村圭司調教師
「2歳の時から素質は高いと思っていましたし、重賞を勝てるチャンスもありましたから、勝ててホッとしました。1800mまでは大丈夫と思っていました。今後は状態を見てからですが、秋には大きいところを目指したいと思います」


2着 アストラエンブレム
M.デムーロ騎手
「最後にブレーキを掛けるところがありましたが、前回よりも最後まで頑張ってくれました。競馬は上手ですし、ずっといい手応えでしたが...」


小島茂之調教師
「装鞍の前から暴れないものの汗をかいていました。鞍をつける前に一呼吸置いたりしました。よく我慢をしてくれたと思います。この後はお休みになると思います。2000mくらいは持つと思っていて、1周の競馬を試したい気持ちがあります」


3着 マイネルハニー
柴田大知騎手
「やった、と思いましたが…。前の2頭は強かったです。ただ、休養してこの馬もいい頃に戻っています。これならまたどこかで重賞を勝てると思います」


4着 クラリティシチー
川田将雅騎手
「いい枠からスムーズな競馬はできました。2着馬(アストラエンブレム)の後ろで運びましたが、最後はいっぱいでした」


5着 バーディーイーグル
吉田豊騎手
「みんな外を回ったので、内でロスなく運べた。内からしぶとく脚を伸ばしてくれた」


6着 タイセイサミット
戸崎圭太騎手
「いい感じでしたが、もう少し時計の掛かった方が良さそうです。今日は直線で最後に耳を絞るようなところがありました」


7着 マイネルミラノ
丹内祐次騎手
「最初からインぴったりを走る作戦でした。直線もうまく外へ出せましたし、頑張ってくれていますが、58キロの斤量は厳しかったですね」」


8着 デンコウアンジュ
蛯名正義騎手
「前過ぎず後ろ過ぎず、前を見ながら理想的な競馬はできた。東京では競馬が上手だな。ただ、前回の伸びと比べると、前走G1で走って、目に見えない疲れがあったのかな。この馬場にしては時計が速かった」


9着 フルーキー
北村宏司騎手
「この馬の行きたい進路で行けたが、最後の反応ははがゆかった」


10着 ナスノセイカン
丸山元気騎手
「最後は同じ脚いろになった。右回りの小回りコースの方が合っている」


11着 ベルーフ
大野拓弥騎手
「この馬場状態だと、追い込み馬には厳しかった」


12着 ヒストリカル
横山典弘騎手
「一瞬は脚を使ったが、止まってしまった」


13着 カムフィー
吉田隼人騎手
「前残りの展開がきつかった」


14着 メドウラーク
石橋脩騎手
「状態はすごく良く、スムーズな競馬はできた」


15着 クラリティスカイ
田辺裕信騎手
「出負けした。自分の形にならず、不完全燃焼」


16着 レッドレイヴン
内田博幸騎手
「良くなるのは時間がかかる。これだけ(11ヶ月間も)休んでいたんだからね。使いながら良くなれば。イレ込まず、道中リラックスできたのはよかった。ゲートもよかった」


17着 トーセンレーヴ
石川裕紀人騎手
「」


18着 パドルウィール
池添謙一騎手
「」





【2017年 マーメイドステークス 結果】のコメント

【2017年  マーメイドステークス 結果】 のコメント」の記事を紹介します。



今日6月4日(日)に、第22回  マーメイドステークス(阪神、3歳以上牝馬、GⅢ、芝2000m)が行われました。


レース後の関係者コメントですので、次走の予想の参考にして下さい。


1着 マキシマムドパリ
藤岡佑介
騎手
「ここでは馬の力は上だと思っていたので、自信を持って、積極的に行きました。馬場が思ったよりは悪くならなかったので、力に任せて、前で流れに乗ることができた。(昨年7月以来のコンビだったが)以前と同じく乗りやすいし、馬そのものも良くなっていましたね。(自身の4年5ヶ月ぶりの重賞勝ちに)ずいぶん時間がかかってしまったが、しっかり決められてよかったです」


2着 クインズミラーグロ
幸英明騎手
「ゲートをうまく出せませんでしたが、それなりのポジションで競馬はできました。もうひと押しでした」


3着 アースライズ
中谷雄太騎手
「道中は折り合いに気をつけて。直線は前はきれいに開きましたが、もう1列前の位置を取りに行けばよかったかもしれません」


4着 キンショーユキヒメ
秋山真一郎騎手
「瞬発力タイプではないので、できれば雨が降って時計がかかる馬場になってほしかった。じりじりと伸びて頑張ってくれてるんですけどね」


5着 ビッシュ
福永祐一騎手
「自分が考えていた競馬はできました。頑張ってくれています」


6着 ハツガツオ
田中健騎手
「ゲートはひと息でしたが、最後はいい脚を使ってくれましたよ」


7着 バンゴール
尾関知人調教師
「もう少し流れるかなと思ったんですが…。それでも上がっていく感じは悪くなかった。左回りがいいのか、もう少し短い距離がいいのか…」


8着 プリメラアスール
酒井学騎手
「ハナにこだわる形で運びました。かわされてからもバタッとは止まってないんですよ」


9着 トーセンビクトリー
武豊騎手
「よくわからないとうか、つかみどころがないというか…。逃げた馬もかわせていないし、伸びてくれなかった」


10着 リーサルウェポン
高倉稜騎手
「ゲートのタイミングが合いませんでした。内にこだわる競馬をしましたが、うまく運べませんでした」


11着 ローズウィスパー
北村友一騎手
「出していって、いつもより前めで運びました。ただ、4角でペースが上がると置かれてしまいました」


12着 ショウナンバーキン
松若風馬騎手
「外枠だったので出していきましたが、右に張り気味で…」



1番人気のトーセンビクトリーは、どうしたんですかね?

トップハンデが響いたんでしょうか・・・。





【2017年 安田記念 結果】のコメント

【2017年  安田記念 結果】 のコメント」の記事を紹介します。



今日6月4日(日)に、第67回 安田記念(東京、3歳以上、G1、芝1600m)が行われました。


レース後の関係者コメントですので、次走の予想の参考にして下さい。


1着 サトノアラジン
川田将雅
騎手
「本当にやっと勝てました。去年からずっと乗せていただいて、トライアルは勝てたんですけど、G1・2つ、香港も含めると3つ、思うような競馬ができなかったですから。馬場と枠が望む形になりましたから。ここでこそという思いで乗っていました。何よりこの馬のリズムで、一番能力を発揮できる形を、脚をためることを意識していました。もともと4コーナーの手応えは抜群によかったですし、ゴール板で届くと信じていました。頑張って勝ってくれたこの馬をほめたい思いです」


池江泰寿調教師
「これだけの馬を預けていただいて、GIを勝たせられなかったら調教師失格だと思っていました。勝てて本当に嬉しいです。前走は、道悪などいろいろなことが重なり9着でしたが、状態が悪かったわけではありません。天気にも恵まれ、馬場も良く、枠順も外と今日はいい条件がそろっていましたから、きっとやってくれると思っていましたし、楽しみにしていました。これまで1400mの前哨戦を勝って、1600mのGIで負けていましたから、距離適性のことを言われてきましたが、自分としては、そんなことはないと思っていました。今日の勝利でそれを証明できました。この後のことは、現時点では明言できませんが、オーナーと相談して決めていきたいと思います」


2着 ロゴタイプ
田辺裕信騎手
「あの競馬で負けたらね。自分の競馬はできた。周りに行きたい馬がいなかったのでハナに行った。追い切りの時から、調子がいいのは感じていた。こんなに速い時計にも対応できている。頑張った」


3着 レッドファルクス
M.デムーロ騎手
「すごいよく頑張った。やっぱり1600mはギリギリですね。スタートは良かったが、この馬はリズムが一番大事。折り合いは良かった。3、4コーナーは悪い馬場で走ったが、外に出した直線ではすごい伸びた。サトノアラジンは余力があった」


4着 グレーターロンドン
福永祐一騎手
「スタートで上に出るような感じになったが、いつもそんな感じらしい。後ろでじっとしていても厳しいと思ったので促していった。タイトな競馬になったが、ひるむことなく脚を使った。よく頑張ってくれた。初のG1挑戦で上位に来られた。展開の紛れで上位にきたわけじゃない。タフな競馬を走り切ってくれた。G1で差のない競馬ができた。馬はこれから良くなると思う」


5着 エアスピネル
武豊騎手
「いいレースができた。4コーナーでレッドファルクスに先に入られてしまったのが痛かった。最後は勢い良く伸びたので、あれがなければ。あのワンプレーですね」


6着 ビューティーオンリー
Z.パートン騎手
「とても残念です。道中は上手く運べましたが、最後に止まってしまいました。レース前から少しナーバスになっており、初めてのコースだったことが影響したのかもしれません」


A・クルーズ調教師
「直線になってからいつものような加速が見られませんでした。初めての左回りで手前を上手く替えられなかったのかもしれません。良い経験になったと思います。来年も挑戦したいと思います」


7着 ステファノス
戸崎圭太騎手
「ちょっと距離が短かったかな。G1で相手も強かったですし、時計も速かったですからね」


8着 イスラボニータ
C.ルメール騎手
「馬はとても元気だった。いいポジションで競馬はできたが、直線でスペースがなかった。ラスト150mだけスペースがあった。でも遅すぎた。残念です」


9着 クラレント
岩田康誠騎手
「馬の間を割ってこられたが、詰め切れなかった」


10着 コンテントメント
J.モレイラ騎手
「スタートも良く、道中もスムーズに競馬ができました。直線を向いてスパートし、馬は良く伸びておりベストな走りができました」

J・サイズ調教師
「ゲートを上手く出て前につけることができました。道中もスムーズに集中して走っていましたが、直線では不利もありポジションを下げざるを得ませんでした。あれがなかったらもう少し接戦に持ち込めたかもしれませんが、東京競馬場には彼(コンテントメント)よりベターな馬がいたということでしょう」


11着 ロンギングダンサー
横山和生騎手
「人の言うことを聞きづらい馬なので、意外と1600mの方がいいのかも。最後はしっかり伸びた。相手は強かったし、久々の58㎏だったが、頑張った。G1の歓声も、この馬にはいい方に作用してやる気を出した。これがいいきっかけになれば」


12着 サンライズメジャー
池添謙一騎手
「ゲートの2歩目でつまづいたが、スッと先行できた。ロゴタイプの2番手で一緒に仕掛けていったが、離された。このクラスで力の差を感じた」


13着 ディサイファ
四位洋文騎手
「ロゴタイプの後ろで、普段通りの競馬ができたが、切れ味勝負になると…」


14着 ロジチャリス
内田博幸騎手
「スタートを出たので先行しようとしたが、G1級の馬とは絶対的なスピードが違った。これから良くなってしっかりすれば、変わってくる」


15着 アンビシャス
音無秀孝調教師
「いつものアンビシャスじゃなかった。ゲート入りしてから(ジョッキーが)いつもと様子が違う感じがしたみたいだけど、よく分からない」


16着 ヤングマンパワー
松岡正海騎手
「外枠だったのであの位置が限界だった。G1の壁を感じた。頑張った」


17着 トーキングドラム
石橋脩騎手
「いい枠だったので、ある程度の位置で、内めを行こうと思った。よく頑張っているが、時計もきつかった。いい経験になれば」


18着 ブラックスピネル
松山弘平騎手
「前で競馬をしました。流れが厳しかったこともあり、早めに苦しくなりました」





【2017年 ダービー 結果】のコメント

【2017年  ダービー 結果】 のコメント」の記事を紹介します。



今日5月28日(日)に、第84回 ダービー(東京、3歳、G1、芝2400m)が行われました。


レース後の関係者コメントですので、次走の予想の参考にして下さい。


1着 レイデオロ
C.ルメール騎手
「去年は(サトノダイヤモンドで)少しの差での2着だったが、今回は自信がありました。フランスでも1度勝っているダービーを、日本でも勝ててうれしい。(向こう正面で位置を上げたのは)作戦ではなく、普通の乗り方の中でのこと。レイデオロはもともとスタートが速くないので、いつも後ろのポジションになるが、今回も同じだった。それでもペースが遅かったので、向こう正面で位置を上げた。リラックスしていたので、上がっていっても大丈夫だった。直線ではファンの声援がすごかった。ラスト1000mで勝てたと思った。最後は本当に気持ちよかったです」


藤沢和雄調教師
「ダービーはいつかは勝てるのかなと思っていましたが、時間がかかってしまいました。良かったです。そんなにダービー、ダービーってやってきたわけじゃないんでね。でも、何回かチャンスがあって、うまくいかなかった。この馬はおばあちゃん(レディブロンド、デイープインパクトの姉、6戦5勝)から期待されていた馬で、早くから素晴らしい馬と聞いていたので、もしかして、と思っていた。土曜から東京競馬場に来ていて、今朝はおとなしかったけど、パドックではたくさんの人とオーロラビジョンを見て気合が入っていた。あれだけの雰囲気だから、あれくらいテンションが上がるのはしょうがない。いい体をしていたし、いい状態だと思いましたよ。ルメール騎手とは別に話はしなかった。2週続けて追い切りに来ていて、馬が落ち着いているのを分かっていたし、ずっと乗っている馬ですからね。スタートは良くなかった。(動いた時は)遅い流れで、いいタイミングかなと見させてもらいました。直線は人気の馬が目に入った。しのげるかなと思って見ていました。おばあちゃん、お母さんから知っている血統で勝てて感謝しています。見ての通り素晴らしい馬。皐月賞は負けてしまったけど、ダービーを勝たせてもらった。ダービー馬にふさわしい競走生活を送って、種牡馬にしたいと思っています。(ダービーは)またかというほど負けてきたので、非常に良かった。ファンの皆さんには、だいぶ迷惑をおかけました。これくらいでは間に合わないと思うけど(笑い)。ありがとうございます」


2着 スワーヴリチャード
四位洋文騎手
「残念。理想的な位置が取れたが、もう少し流れてくれれば、よかったのだが…。レース前にこういう(遅いペースの)レースになるかな、とも思っていたんだけどね。直線ではいい脚で来ているけど、クリストフの馬(レイデオロ)に並ぶまではいかなかった。完敗は完敗だね」


3着 アドミラブル
M.デムーロ騎手
「ついていない。外枠で、ペースがめっちゃ遅かった。向こう正面で分かっていて、クリストフ(ルメール)と一緒に行きたかったが、ペルシアンナイトも行くと、外の外を回ってしまうので…。やっぱり直線も外にどんどんなって、よくなかった。(馬は)最後まで頑張っていた。残念です」


4着 マイスタイル
横山典弘騎手
「馬の感じはよかったし、よく頑張った」


5着 アルアイン
松山弘平騎手
「スタート良く、道中もすごくいいポジションを取れたのですが、そこから自分が何も出来ませんでした。申し訳ないです」


6着 ダンビュライト
武豊騎手
「ペースが遅かったな。2番手が消極的すぎて、分からない。俺も内枠だから動けない」


7着 ペルシアンナイト
戸崎圭太騎手
「1コーナーの入りはいいところに行けたが、ペースが遅かったので、楽に走らせられなかった。ルメール(レイデオロ)が(向こう正面で)行って、上がっていったら楽になったが…。いい馬ですよ」


8着 トラスト
丹内祐次騎手
「レース前から落ち着きがあって、2番手に行けました。よく頑張っています」


9着 ベストアプローチ
岩田康誠騎手
「ゲートはしっかり出てくれたし、馬も良くなっていた。向こう正面で動くに動けなかった」


10着 サトノアーサー
川田将雅騎手
「今まで競馬で教えてきたことを上手にできたが、あまりにペースが遅かった。残念でした」


11着 カデナ
福永祐一騎手
「馬は本当にいい状態でした。(最後は)脚を使ってくれたが、僕がスタートを含めて勝負できるポジションで競馬をさせてあげられなかったのが全て。(流れに)対応できる位置での乗り方ができなかった」


12着 キョウヘイ
高倉稜騎手
「馬群でうまく我慢できた。ペースは遅かったけど、真面目に走ってくれた」


13着 クリンチャー
藤岡佑介騎手
「こういう展開になると思って、目いっぱい出していったが、行ききれなかった。四方を囲まれて動けなかった」


14着 ダイワキャグニー 
北村宏司騎手
「ちょっと興奮していたけど、返し馬はきちんといけた。先入れの外枠で、スタート直後は力んだが、道中はリズムよく走れた。コンディションは良かったが、この相手で2400メートルを乗り切るのは…」


15着 ウインブライト
松岡正海騎手
「ちょっと(前走の)ダメージがあったなかで頑張ってくれた。(今後は)立て直して、重賞ならどこかでやれる。1800mくらいで巻き返せると思う」


16着 マイネルスフェーン
柴田大知騎手
「あまりにもペースが遅すぎて…。(距離は)短い方がいいかも。2000mくらいでしょうか」


17着 アメリカズカップ
松若風馬騎手
「今日は距離も長くて、折り合い重視でためていきましたが、スローだったので。これからの馬で、成長していってくれると思う」


18着 ジョーストリクトリ
内田博幸騎手
「力はある馬だからね。初めての距離で、離れずについてこられたんだから」





藤田菜七子 2019年 カレンダー 壁掛け
記事検索
地方競馬情報・投票サイト【オッズパーク競馬】
ブログランキング
スポンサードリンク
楽天競馬
プロフィール

夜沢翼

スポンサードリンク
アーカイブ
最新コメント
忍者AdMax
日刊スポーツ 極ウマ・プレミアム
楽天トラベル
スポンサードリンク
ツイッター
話題の男のサプリ!【 リザベリン 】
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
楽天商品
生田絵梨花 2nd写真集『タイトル未定』
山本美月ファースト写真集『Mizuki』
けやき坂46 渡邉美穂ファースト写真集 『陽だまり』
乃木坂46 北野日奈子 1st写真集「空気の色」
欅坂46ファースト写真集『21人の未完成』
今田美桜ファースト写真集 生命力
丸ごと一冊 藤田菜七子
Winning Post 8 2018 - PS4
【競馬Tシャツ】福永なんかアタマで買うんじゃ無かった…
【競馬 Tシャツ 】東京競馬場 府中千八 展開要らずTシャツ
【競馬 Tシャツ 】京都競馬場 淀の坂
【競馬Tシャツ】新潟競馬場 直線1000m
【競馬Tシャツ】ワイドなら当たってた
【競馬Tシャツ】ダート 併せ馬 強め
【競馬Tシャツ】レコード
【競馬 Tシャツ 】上がり3ハロン
【競馬Tシャツ】未勝利
【競馬Tシャツ】自在型
【競馬Tシャツ】目指せ!凱旋門賞
【競馬Tシャツ】競馬狂
【競馬ポロシャツ】競馬シリーズ オケラ街道まっしぐら
【iPhone6オリジナルケース】福永なんかアタマで買うんじゃ無かった…
POGの達人 完全攻略ガイド 2017~2018年版
競馬四季報
競馬資金を稼ぐならポイントサイト「げん玉」登録無料!
RSS登録バナー
Subscribe with Live Dwango Reader
人気ブログランキング
  • ライブドアブログ