ペプチドナイル 馬主【沼川一彦」の記事を紹介します。



今日2月18日(日)に、第41回 フェブラリーステークス(東京、G1、4歳以上、ダ1600m)が行われました。


優勝馬のペプチドナイル馬主がちょっと気になったので、調べてみました


ペプチドナイル馬主は、「ペプチド」の冠名でおなじみの沼川一彦(ぬまかわかずひこ)さんです。

沼川一彦さんは、熊本県熊本市にある有限会社ペプチド・プリマの代表取締役社長です。
健康商品を販売しています。



【冠名】 ペプチド


【勝負服色】 白、袖紫うろこ






ペプチドナイル 血統】 (牡6)


父  キングカメハメハ

母  クイーンオリーブ

母父 マンハッタンカフェ



調教師 :武英智(栗東)


生産者 :杵臼牧場


通算成績:20戦8勝


半弟
ハセドン(父モーリス)は、現在ダートで4勝挙げています。

近親に、1995年の安田記念 優勝馬の
ハートレイクがいる血統。


ペプチドナイル」の馬名意味は、「冠名+ナイル川より。大きくて雄大で世界の名馬になってほしい」です。



ペプチドナイル次走はどのレースですかね。

次走
楽しみですね!