デルマソトガケ 馬主【浅沼廣幸」の記事を紹介します。


今日6月26日(日)に、 2歳新馬戦(阪神5R、芝1800m)が行われました。

6着馬のデルマソトガケの馬主がちょっと気になったので、調べてみました。


デルマソトガケの馬主は、「デルマ」の冠名でおなじみの浅沼廣幸(あさぬまひろゆき)さんです。

浅沼廣幸さんは、札幌市にある皮膚科が中心の医療法人  廣仁会の元・理事長です。


また、「珍馬名」の名付け親としておなじみですね。

2020年産の馬では、相撲の決まり手の名前が付けられていますね。


【冠名】  デルマ


【勝負服色】  水色、黄星散、黄袖水色一本輪





デルマソトガケ 血統】 (牡2)

父  マインドユアビスケッツ
母  アムールポエジー
母父 ネオユニヴァース



調教師 :音無秀孝(栗東)

生産者 :社台ファーム

通算成績:1戦0勝



アムールポエジーは、2013年の関東オークス 優勝馬。

伯父に、ダート重賞を2勝挙げたミリオンディスクがいる血統。



デルマソトガケ(アムールポエジーの2020)は、2021年の「セレクトセール20211歳馬セリにて、浅沼廣幸さんが1,800万円(税抜)で落札。


デルマソトガケ
馬名意味は、「冠名+外掛け。相撲の決まり手の一つ」です。

 


デルマソトガケ次走はどのレースですかね。


次走も楽しみですね!