モリアーナ 馬主【高橋文男」の記事を紹介します。


今日8月13日(土)に、コスモス賞(札幌、2歳OP、芝1800m)が行われました。

優勝馬のモリアーナの馬主がちょっと気になったので、調べてみました。


モリアーナ馬主は、高橋文男(たかはしふみお)さんです。


高橋文男さんは、東京都競馬 株式会社の元・会長です。



【冠名】 なし


【勝負服色】 白、桃縦縞、袖桃一本輪






モリアーナ 血統】  (牝2)


父  エピファネイア
母  ガルデルスリール
母父 ダイワメジャー



調教師 :武藤善則(美浦)


生産者 :ノーザンファーム


通算成績:2戦2勝



近親に、2013年のクイーンカップ 3着馬のジーニマジックがいる血統。


モリアーナ(ガルデルスリールの2020)は、2020年の「セレクトセール2020当歳馬セリにて、高橋文男さんが3,000万円(税抜)で落札。


モリアーナ」の馬名意味は、「スラブの伝承に登場する風の女神」です。



モリアーナ次走はどのレースですかね。

次走も楽しみですね!