ヴィクティファルス 馬主【G1レーシング」の記事を紹介します。


今日11月28日(土)に、2歳新馬戦(阪神5R、芝1800m)が行われました。

優勝馬のヴィクティファルスの馬主がちょっと気になったので、調べてみました。



ヴィクティファルス
馬主は、一口馬主 クラブ法人馬主)の株式会社 G1レーシングです


G1レーシングの代表は、吉田正志(よしだまさし)さんです。


吉田正志さんは、追分ファーム代表 吉田晴哉(よしだはるや)さんの長男で、追分ファーム場長です。


愛馬会法人
は、株式会社 G1サラブレッドクラブ
です


G1サラブレッドクラブの代表は、吉田晴哉さんです。

吉田晴哉さんは、社台グループ吉田3兄弟の3男です。



G1レーシング
は、2019年のJRA馬主リーディングで13位でした



G1レーシングの特徴として、募集馬の大半は追分ファーム 社台ファーム生産馬です。


【冠名】  なし

【勝負服色】  黒、赤襷、袖赤一本輪





ヴィクティファルス 血統】 (牡2)

父  ハーツクライ
母  ヴィルジニア
母父 Galileo



調教師 :池添学(栗東)

生産者 :ノーザンファーム

通算成績:1戦1勝



伯父Sevilleは、2013年のザメトロポリタン(豪、G1、芝2400m) 優勝馬。

近親に、2006年の京都記念 優勝馬のシックスセンスがいる血統。


ヴィクティファルス」の馬名意味は、「ガリレオ衛星に付けられた名前。母父名より連想」です。



ヴィクティファルス(ヴィルジニアの2018) 1口馬主 募集価格】
1口出資額 :90万円
総口数  :40口 
募集総額 :3600万円




ヴィクティファルス次走はどのレースですかね。

次走も楽しみですね!