シンヨモギネス 馬主【諸江幸祐」の記事を紹介します。


今日8月8日(土)に、2歳未勝利戦(札幌1R、ダ1700m)が行われました。

優勝馬のシンヨモギネスの馬主がちょっと気になったので、調べてみました。


シンヨモギネス馬主は、岡本真二
(おかもとしんじ)さんです。


岡本真二さんは、2019年9月にヨモギ号でJRA馬主デビュー。


【冠名】  なし

【勝負服色】  黒、白星散、白袖水色二本輪





シンヨモギネス 血統】 (牡2)


父  ダノンレジェンド
母  グレースグランド
母父 アドマイヤムーン



調教師 :伊藤圭三(美浦)


生産者 :グランド牧場

通算成績:2戦1勝



おじに、2009年の京王杯スプリングカップ 優勝馬のスズカコーズウェイ、現在重賞を3勝挙げているカデナがいる血統。



シンヨモギネス(グレースグランドの2018)は、2019年の「北海道サマーセール」1歳馬セリにて、岡本真二さんが460万円(税抜)で落札。


シンヨモギネス」の馬名意味は、「馬主名より+ヨモギとギネスブックより」です。




シンヨモギネス次走はどのレースですかね。


次走も楽しみですね!