ソウルトレイン 馬主【安原浩司」の記事を紹介します。


今日1月19日(日)に、白梅賞(京都、3歳500万下、芝1600m)が行われました。

優勝馬のソウルトレインの馬主がちょっと気になったので、調べてみました。


ソウルトレインの馬主は、安原浩司(やすはらこうじ)さんです。


安原浩司さんは、札幌市中央区に本社がある、株式会社ファイネストコーポレーション代表取締役です。


(株)ファイネストコーポレーションは、水道経費削減事業、医療廃棄物容器販売、不動産管理など多角経営。



【冠名】  なし

【勝負服色】 水色、黒縦縞、袖赤一本輪





ソウルトレイン 血統】   (牡3)

父  レッドスパーダ
母  チラリ
母父 チチカステナンゴ



調教師 :西村真幸(栗東)


生産者 :フジワラフアーム


通算成績:6戦2勝



従兄に、2019年の朝日杯フューチュリティステークス 3着馬のグランレイがいる血統。


ソウルトレイン」の馬名意味は、「魂の列車」です。



ソウルトレイン次走どのレースですかね。


次走も楽しみですね!