アラタ  馬主【柳原克哉」の記事を紹介します。


今日1月18日(土)に、3歳未勝利戦(中山5R、芝2000m)が行われました。

優勝馬のアラタの馬主がちょっと気になったので、調べてみました。


アラタ馬主は、村田能光(むらたたかみつ)さんです。

村田能光さんは、2018年10月にサユルリトリンカでJRA馬主デビューしました。


【冠名】  なし

【勝負服色】  白、緑星散





アラタ  血統】  (牡3)

父  キングカメハメハ
母  サンシャイン
母父 ハーツクライ


調教師 :和田勇介(美浦)

生産者 :社台ファーム

通算成績:3戦1勝



祖母バルドウィナ(Baldwina)は、2001年のペネロープ賞(仏、GⅢ、芝2100m) 優勝馬。

サンシャインは、2012年の愛知杯 2着馬。

おばに、短距離重賞を4勝のワンカラット、2016年の桜花賞馬 ジュエラーがいる血統。


アラタ(サンシャインの2017)は、「2019年 千葉サラブレッドセール」にて村田能光さんが6,200万円(税抜)で落札。


アラタ」の馬名意味は、「新しい今までにない様」です。




アラタ次走はどのレースですかね。

次走も楽しみですね!