インターミッション 馬主【下河辺牧場」の記事を紹介します。


今日12月8日(日)に、2歳新馬戦(中山5R、芝1600m)が行われました。

優勝馬のインターミッションの馬主がちょっと気になったので、調べてみました。


インターミッションの馬主は、オーナーブリーダー下河辺牧場(しもこうべぼくじょう)です。


下河辺牧場は、北海道の日高町に本場があります。


代表者は下河邉行雄(しもこうべゆきお)さんです。



【冠名】  なし

【勝負服色】   白、赤袖

【主な所有馬】
ロンドンブリッジ(1997年 ファンタジーS 優勝、1998年 桜花賞 2着)
グレイスティアラ2005年  全日本2歳優駿






インターミッション 血統】   (牝2)

父  ディープインパクト
母  レイカーラ
母父 キングカメハメハ



調教師 :手塚貴久(美浦)

生産者 :下河辺牧場

通算成績:1戦1勝



レイカーラは、2013年のターコイズステークス(OP) 優勝馬。


伯父に、2014年のマイルチャンピオンシップ 優勝馬のダノンシャークがいる血統。


インターミッション」の馬名意味は、「観劇の休憩」です。




インターミッション次走はどのレースですかね。

次走も楽しみですね!