スマートリアン 馬主【大川徹」の記事を紹介します。



今日5月23日(土)に、 3歳500万円下(京都6R、芝1600m)が行われました。

優勝馬のスマートリアンの馬主がちょっと気になったので、調べてみました。


スマートリアンの馬主は、「スマート」の冠名でおなじみの大川徹(おおかわとおる)さんです。


大川徹さんは、東京都港区南青山に本社がある株式会社 スマート・エックス代表取締役社長です。


スマート・エックスは、携帯サイトのコンテンツ事業を中心とした業務を経営。



2001年に亡くなった父の大川功(おおかわいさお)さんは、株式会社CSKの創業者。


株式会社CSKは、日本初の独立系システムエンジニアリング企業。



【冠名】 スマート


【勝負服色】 桃、黒ダイヤモンド、袖黒一本輪


【主な所有馬】
スマートファルコン(2010年・2011年 JBCクラシック、東京大賞典、2011年 帝王賞 、2012年 川崎記念)





スマートリアン 血統】 (牝3)


父  キズナ
母  スマートオーシャン
母父 Mr. Greeley



調教師 :石橋守(栗東)


生産者 :三嶋牧場


通算成績:7戦2勝


祖母Ocean Queenは、1996年のベイメドウズダービー(米、GⅢ、芝9F) 優勝馬。

半兄スマートダンディー(父エンパイアメーカー)は、2019年のコーラルステークス(L) 優勝馬。

近親に、2013年のセントレジャーステークス(英、G1、芝14F132Y)、2014年のアスコットゴールドカップ(英、G1、芝20F) 優勝馬のLeading Light(リーディングライト)がいる血統。



スマートリアン」の馬名意味は、「冠名+絆(仏)」です。




スマートリアン次走はどのレースですかね。

次走も楽しみですね!