ココロノトウダイ 馬主【星野壽市」の記事を紹介します。


今日7月11日(土)に、猪苗代特別(函館、1000万下、3歳以上、芝2000m)が行われました。

優勝馬のココロノトウダイの馬主がちょっと気になったので、調べてみました。


ココロノトウダイ馬主は、星野壽市
(ほしのじゅいち)さんです。


星野壽市さんは、千群馬県高崎市本社がある三栄商事 株式会社代表取締役社長です。


三栄商事の事業内容は、鉄スクラップ加工処理業、産業廃棄物処理業(収集運搬、処理)、住宅用基礎鉄筋ユニット(ミレニアムベース)の製造販売および関連付属部品販売



【冠名】  なし

【勝負服色】  黒、水色十字襷、袖水色縦縞

【主な所有馬】
アユサン(2013年 桜花賞)





ココロノトウダイ 血統】  (牡3)

父  エイシンフラッシュ
母  フェアリーダンス
母父 アグネスタキオン



調教師 :手塚貴久(美浦)

生産者 :ノーザンファーム

通算成績:6戦3勝



近親に、 トゥザヴィクトリートゥザグローリートゥザワールドトーセンビクトリーサイレントディールデニムアンドルビーなどの重賞馬がずらりと並ぶフェアリードール一族です。



ココロノトウダイ(フェアリーダンスの2017)は、2018年の「セレクトセール20181歳馬セリにて星野壽市さんが5400万円(税抜)で落札。


ココロノトウダイ」の馬名意味は、「心の灯台」です。




ココロノトウダイ次走はどのレースですかね。

次走も楽しみですね!