サトノティターン 馬主【里見治紀」の記事を紹介します。


今日3月24日(日)に、第26回 マーチステークス(中山、GⅢ、4歳以上、ダ1800m)が行われました。

優勝馬のサトノティターンの馬主がちょっと気になったので、調べてみました。


サトノティターンの馬主は、 里見治紀(さとみはるき)さんです。

里見治紀さんは、セガサミーホールディングス 株式会社 代表取締役社長COO、株式会社 セガホールディングス 代表取締役会長CEO、サミー 株式会社 代表取締役社長CEO。


父は言わずと知れた「サトノ」の冠名でおなじみの里見治(さとみはじめ)さんです。



【冠名】  サトノ、キャル

【勝負服色】  赤、黄菱山形、袖黄縦縞





サトノティターン 血統】  (牡6)

父  シンボリクリスエス
母  マチカネチコウヨレ
母父 Deputy Minister


調教師 :堀宣行(美浦)

生産者 :ノーザンファーム

通算成績:9戦5勝



全兄マチカネニホンバレは、2009年のエルムステークス 優勝馬。

伯父に、芝重賞を2勝したマチカネキンノホシがいる血統。


サトノティターン(マチカネチコウヨレの2013)は、2014年の「セレクトセール20141歳馬セリにて、 里見治さんが3500万円(税抜)で落札。


サトノティターン」の馬名意味は、「冠名+巨大な体を持つ神」です。




サトノティターン次走はどのレースですかね。

次走も楽しみですね!