バラックパリンカ 馬主【社台レースホース」の記事を紹介します。


今日3月10日(日)に、3歳未勝利戦(中京5R、芝2000m)が行われました。

優勝馬のバラックパリンカ馬主がちょっと気になったので、調べてみました。


バラックパリンカ馬主は、一口馬主 クラブ法人馬主)の有限会社 社台レースホースです


社台レースホースの代表は、吉田哲哉(よしだてつや)さんです

吉田哲哉さんは、社台ファーム代表社台グループ総帥 吉田照哉(よしだてるや)さんの長男です。


愛馬会法人は、有限会社 社台サラブレッドクラブです

代表は、吉田照哉さんです。

吉田照哉さんは、社台グループ吉田3兄弟の長男です。


社台レースホース
は、2018年のJRA馬主リーディングで4位でした


社台レースホースの特徴として、募集馬の大半は社台ファーム生産馬です。


【冠名】  なし

【勝負服色】  黄、黒縦縞、袖青一本輪

【主な所有馬】
バブルガムフェロー優勝 (1996年 天皇賞(秋)など)
ダンスインザダーク(1996年 菊花賞)
ステイゴールド(2001年 香港ヴァーズ)
ゴールドアリュール(2003年 フェブラリーステークスなど)
ネオユニヴァース(2003年 ダービーなど)
ダンスインザムード(2004年 桜花賞など)
ハーツクライ(2006年 ドバイシーマクラシックなど)
ソウルスターリング(2016年 阪神ジュベナイルフィリーズ、オークス)






バラックパリンカ 血統】  (牡3)

父  ノヴェリスト
母  アプリコットフィズ
母父 ジャングルポケット


調教師 :平田修(栗東)

生産者 :社台ファーム

通算成績:5戦1勝


アプリコットフィズは、2010年のクイーンカップクイーンステークス 優勝馬


叔父に、2011年の京都新聞杯 優勝馬のクレスコグランド、2015年の函館記念 優勝馬 ダービーフィズがいます。

祖母の全兄に、G1を3勝マンハッタンカフェがいる血統。


バラックパリンカ
馬名意味は、「杏を原料とした蒸留酒、アプリコットブランデー」です。


バラックパリンカ(アプリコットフィズの2016) 1口馬主 募集価格】
1口出資額 :75万円
総口数  :40口 
募集総額 :3000万円




バラックパリンカ次走も楽しみですね!