【2019年 皐月賞】出走 ボーダーライン及び次走・近況 弥生賞終了時点」の記事を紹介します。



今年の皐月賞(中山、G1、芝2000m)は、4月14日(日)に行われますので、50日切りましたね。


そこで気になるのは、皐月賞 出走ボーダーライン及び次走・近況になりますね。


皐月賞
まで、情報を随時更新していきます。


今日3月3日(日)は、皐月賞トライアル弥生賞が行われました。


1着 メイショウテンゲン、2着 シュヴァルツリーゼ、3着 ブレイキングドーンが、皐月賞優先出走権を獲得しました。



なお、次走・近況は更新時点での情報になりますので、最新情報は各自確認をお願い致します。


あと、ダート、短距離などの路線を表明していたり、怪我をしている馬は除外してありますのでご了承下さい。


皐月賞 優先出走権
弥生賞           3着以内 終了
若葉ステークス      2着以内
スプリングステークス   3着以内




皐月賞 出走ボーダーライン、次走・近況】 ※出走可能頭数:18頭

     馬名    収得賞金 次走・近況

【優先出走権(8頭)】
1 メイショウテンゲン 3100万円 弥生賞 1着
2 シュヴァルツリーゼ 1500万円 弥生賞 2着
3 ブレイキングドーン 1050万円 弥生賞 3着
4             万円 若葉ステークス 1着
5             万円 若葉ステークス 2着
6             万円 スプリングS 1着
7             万円 スプリングS 2着
8             万円 スプリングS 3着
---------------------------------------------------------------------

【賞金上位馬(10頭)】
1 アドマイヤマーズ  7350万円 皐月賞(次走)
2 サートゥルナーリア 4700万円 皐月賞(次走)
3 ニシノデイジー   3600万円 弥生賞 4着(今日)
4 ダノンチェイサー  2800万円 皐月賞(次走)
4 ダノンキングリー  2800万円 皐月賞(次走)
6 アドマイヤジャスタ 2300万円 皐月賞(次走)
6 ラストドラフト   2300万円 弥生賞 7着(今日)
8 クラージュゲリエ  2050万円 皐月賞(次走)
9 ケイデンスコール  1950万円 毎日杯(次走)
10 サトノルークス   1900万円 皐月賞(次走)
---------------------------------------------------------------------
11 クリノガウディー  1800万円 スプリングS(次走)
12 ナイママ      1550万円 弥生賞 8着(今日)
13 ヴェロックス     1400万円 若葉S(次走)
14 カテドラル     1200万円 未定(次走)
14 ミッキーブラック  1200万円 若葉S(次走)
16 タガノディアマンテ 1150万円 スプリングS(次走)

---------------------------------------------------------------------
アドマイヤスコール 900万円 未定(次走)
アトミックフォース 900万円 スプリングS(次走)
エングレーバー   900万円 未定(次走)
カントル      900万円 弥生賞 5着(今日)
コスモカレンドゥラ 900万円 未定(次走)
サトノジェネシス  900万円 未定(次走)
サトノラディウス   900万円 弥生賞 6着(今日)
シークレットラン  900万円 スプリングS(次走)
ハバナウインド   900万円 若葉S(次走)
ヒシイグアス    900万円 スプリングS(次走)
ランスオブプラーナ 900万円 アルメリア賞 1着(今日)
ロジャーバローズ  900万円 スプリングS(次走)
ワールドプレミア  900万円 若葉S(次走)

※収得賞金 900万の馬は多数いますので省略しています



今日は皐月賞トライアル弥生賞が行われました。

勝ったのは8番人気のメイショウテンゲン
重馬場の中、ラストドラフトが逃げる形になり、前半1000mの61.8秒のスローペースで中団後方を進み、直線で先頭に立つとそのまま押し切り1馬身半差の完勝。

メイショウベルーガも重馬場が得意でしたから、馬場に助けられましたね。


2着は6番人気のシュヴァルツリーゼ
これで2戦目ですが、前走もスローペースの中、ラスト上がり3ハロン最速の上がりでした。
力はあると思いますが、本番でハイペースになった時心配ですね。



3着は4番人気のブレイキングドーン
これで4戦目ですが、まだ掲示板を外したことがない堅実派。
逆を言えば勝ち切れないですね。



1番人気のニシノデイジーは4着。
掛かっていましたからね。
この癖が解消されないと、本番は厳しいですね。


2番人気のラストドラフトは7着。
逃げてしまいましたが、ルメールだったらなあと思ってしまいます。
ちょっと評価が落ちそうですね。
本番で巻き返しを期待したいです。


3番人気のカントルは5着。
直線に入ると先頭に立ちましたが、まったく伸びませんでしたね。
道悪は得意ではないですね。



今日の弥生賞は、正直皐月賞への参考にはならないですね。
良馬場でやらせたかったですね。



また、変動があり次第更新します。


【関連記事】

【2019年 桜花賞】出走 ボーダーライン及び次走・近況 チューリップ賞終了時点