ナイママ 馬主【岡田繁幸」の記事を紹介します。


今日8月11日(土)に、コスモス賞(札幌10R、2歳OP、芝1800m)が行われました。

優勝馬のナイママの馬主がちょっと気になったので、調べてみました。


ナイママ馬主は、岡田繁幸(おかだしげゆき)さんです


岡田繁幸さんは、競馬をやっている人なら知っていると思いますが、マイネル軍団総帥と呼ばれています



岡田繁幸さんは、「マイネル」の冠名でおなじみの1口馬主  クラブ法人(馬主)の「株式会社サラブレッドクラブラフィアン」の元代表


現在の「株式会社サラブレッドクラブラフィアン」の代表は、岡田繁幸さんの長男 岡田紘和(おかだひろかず)さん。


ちなみに、愛馬会法人有限会社 ラフィアンターフマンクラブ」の代表は、岡田紘和さんの奥さんの岡田ゆりかさん。



岡田繁幸さんの奥さん岡田美佐子(おかだみさこ)さんは、北海道新冠町にある競走馬生産牧場ビッグレッドファーム」の代表。


岡田繁幸さんの3男 岡田義広(おかだよしひろ)さんは、「ウイン」の冠名でおなじみの1口馬主 クラブ法人(馬主)の「株式会社ウイン」の代表。


岡田繁幸さんの実弟は、「岡田スタッド」の代表 岡田牧雄(おかだまきお)さんです。



岡田繁幸さんは、相馬眼の天才と言われていますが、意外にも自分名義ではG1制覇はありません


【冠名】  なし

【勝負服色】  赤、緑ダイヤモンド、緑袖

【主な所有馬】
イクスキューズ(2007年 クイーンカップ)
プレイアンドリアル(2014年  京成杯)
プレイ(2011年 弥生賞 2着)





ナイママ 血統】 (牡2)

父  ダノンバラード
母  ニシノマドカ
母父 ジャングルポケット


調教師 :田部和則(北海道)

生産者 :道見牧場

通算成績:3戦2勝


曾祖母ブランドノーブルは、1993年の府中牝馬ステークス 3着馬。



ナイママ(ニシノマドカの2016)は、、2017年の「北海道サマーセール1歳馬セリにて、岡田繁幸さんが600万円(税抜)で落札。


ナイママ」の馬名意味は、「「ないがまま」より」です。



ナイママ次走も楽しみですね!