【2018年 桜花賞】出走 ボーダーライン及び次走・近況 フィリーズレビューアネモネステークス終了時点」の記事を紹介します。



桜花賞(阪神、G1、芝1600m)は、4月8日(日)に行われますので、30日を切りましたね。



そこで気になるのは、桜花賞 出走ボーダーライン及び次走・近況になりますね。


桜花賞
オークスまで、情報を随時更新していきます。



今日3月11日(日)は、東西で桜花賞トライアルフィリーズレビューアネモネステークスが行われました。


フィリーズレビュー(阪神、GⅡ、芝1400m)は、1着 リバティハイツ2着 アンコールプリュ、3着 デルニエオール桜花賞優先出走権を獲得しました。


アネモネステークス(中山、OP、芝1600m)は、1着 ハーレムライン、2着 レッドレグナント桜花賞優先出走権を獲得しました。



なお、次走・近況は更新時点での情報になりますので、最新情報は各自確認をお願い致します。


あと、ダート、短距離などの路線を表明していたり、怪我をしている馬は除外してありますのでご了承下さい。



桜花賞 優先出走権


チューリップ賞      3着以内 終了
アネモネステークス   2着以内 終了
フィリーズレビュー   3着以内 終了



桜花賞 出走ボーダーライン、次走・近況】 ※出走可能頭数:18頭


【優先出走権(8頭)】

     馬名    収得賞金 次走・近況
1 ラッキーライラック 7700万 チューリップ賞 1着
2 マウレア      1950万 チューリップ賞 2着
3 リリーノーブル   2200万 チューリップ賞 3着
4 リバティハイツ   3000万 フィリーズレビュー 1着
5 アンコールプリュ  1950万 フィリーズレビュー 2着
6 デルニエオール    900万 フィリーズレビュー 3着
7 ハーレムライン   1900万 アネモネステークス 1着
8 レッドレグナント   900万 アネモネステークス 2着
---------------------------------------------------------------------------
【賞金上位馬(10頭)】

     馬名    収得賞金 次走・近況
1 アーモンドアイ   2300万 桜花賞(次走)
2 プリモシーン    2150万 桜花賞(次走)
2 ロックディスタウン 1950万 フラワーカップ(次走)
4 モルトアレグロ   1900万 フィリーズレビュー 10着(今日)
5 アンヴァル     1700万 フィリーズレビュー 4着(今日)
6 コーディエライト  1600万 フィリーズレビュー 15着(今日)
7 レッドサクヤ    1400万 桜花賞(次走)
8 アマルフィコースト 1200万 フィリーズレビュー 競走中止(今日)
9 ツヅミモン     1150万 桜花賞(次走)
10 スカーレットカラー 1100万 桜花賞(次走)
10 フィニフティ    1100万 桜花賞(次走)
---------------------------------------------------------------------------
12 サヤカチャン    1000万 桜花賞(次走)


最初に残念なニュースから。

クイーンカップ 優勝馬のテトラドラクマは疲労が抜けきらず桜花賞を回避し、NHKマイルカップ(5月6日、東京、G1、芝1600m)へ出走予定。


そして、今日のフィリーズレビューリバティハイツアンコールプリュデルニエオールの上位3頭と、アネモネステークスハーレムラインレッドレグナントの上位2頭が桜花賞優先出走権を獲得しました。


フィリーズレビューでは、勝ちタイムを含めた0.3秒以内に6頭がひしめきあう大接戦を制したリバティハイツ
勝ちタイムは1分21秒5の好タイム。
母は米G1を2勝名牝
本番は穴馬の1頭に挙げられるのではないでしょうか。


2着はそのリバティハイツより内容が良かったアンコールプリュ
ラスト上がり3ハロンがメンバー最速の34.7秒
勝ち馬のリバティハイツの上がりが35.3秒
どれだけ速かったか分かりますね。
半兄にブラックシェルがいる良血馬ですが、本番はそれほど人気が出ないと思いますが、3強がいる年はこういう馬が割って入ってくるので楽しみですね。


3着はデルニエオール
さすが、全兄にオルフェーヴルがいる良血馬。
しっかり権利を取りましたね。
ただこの馬はまだまだ成長途上という感じですね。


1番人気のモルトアレグロは10着と惨敗。
アマルフィコーストとぶつかったのが原因ですかね。
何もなければいいのですが。



アネモネステークスでは、ハーレムラインが完勝で3連勝
ただタイムは1分35秒5と平凡。
昨年8月にデビューして既に7戦で、使い過ぎが心配ですね。


2着はレッドレグナント
骨折明けで約5ヶ月振りのレース。
叩かれて本番は上積みがあるでしょう。



残念ながらアネモネステークス組の収穫はないですね。


これでボーダーラインは1100万になりました。

今年は抽選が無さそうですね。


来週3月17日(土)は、牝馬重賞フラワーカップ(中山、GⅢ、芝1800m)が行われます。
これで、桜花賞出走予定馬が決まりますね。

また、変動があり次第更新します。




【関連記事】
【2018年 皐月賞】出走 ボーダーライン及び次走・近況 弥生賞終了時点