グレイル 馬主【カナヤマホールディングス」の記事を紹介します。


明日2018年10月21日(日)に、第79回 菊花賞(京都、G1、3歳、芝3000m)が行われます。

登録馬のグレイル馬主がちょっと気になったので、調べてみました



グレイルの馬主は、株式会社 カナヤマホールディングスです。

代表取締役は、金山圭充(かなやまよしみつ)さんです


本社は、福岡市博多区にあります。


カナヤマホールディングスは、 宮崎県に5店舗、鹿児島県に1店舗のパチンコチェーン店経営が主体で、飲食事業託児事業なども行っています。



【冠名】  なし


【勝負服色】  黒、緑星散、袖緑縦縞






グレイル 血統】  (牡2)


父  ハーツクライ
母  プラチナチャリス
母父 Rock of Gibraltar


調教師 :野中賢二(栗東)


生産者 :ノーザンファーム

通算成績:6戦2勝


半兄ロジチャリス(父ダイワメジャー)は、2017年のダービー卿チャレンジトロフィー 優勝馬。

近親に、ブラックホークピンクカメオG1馬がいる血統。


グレイル(プラチナチャリスの2015) は、2016年の「セレクトセール20161歳馬セリにて、 (株)カナヤマホールディングス5600万円(税抜)で落札。


グレイル」の馬名意味は、「聖杯」です。



グレイル菊花賞も楽しみですね!