2017年 天皇賞(秋) 出走馬 馬主」の記事を紹介します。



10月29日(日)に、第156回 天皇賞(秋)(東京11R、G1、3歳以上、芝2000m)が行われます。


その天皇賞(秋) 出走馬 馬主を調べました。



天皇賞(秋)【登録頭数:20頭】フルゲート:18頭

馬名              馬主

優先出走馬(1頭)

リアルスティール 「サンデーレーシング」



賞金上位馬(19頭)


キタサンブラック 「大野商事」
サトノクラウン  「里見治(さとみはじめ)」
ネオリアリズム  「キャロットファーム」

サトノアラジン  「里見治(さとみはじめ)」
ソウルスターリング「社台レースホース」

ステファノス   「キャロットファーム」
マカヒキ     「金子真人ホールディングス」
ヤマカツエース  「山田和夫」
ディサイファ   「H.H.シェイク・モハメド」
サクラアンプルール「さくらコマース」
ヒットザターゲット「前田晋二」
カデナ      「前田幸治」
シャケトラ    「金子真人ホールディングス」
ワンアンドオンリー「ノースヒルズ」
グレーターロンドン「窪田康志」
ミッキーロケット 「野田みづき」
レインボーライン 「三田昌宏」
ロードヴァンドール「ロードホースクラブ」

トルークマクト  「ミルファーム」



1口馬主クラブ法人


天皇賞(秋)
楽しみですね!

【関連記事】
2017年 天皇賞(秋) 出走馬 馬名意味