9月9日(土)、10日(日)の新馬戦 出走予定馬(阪神)」の記事を紹介します。



【阪神

●9月9日(土) 5R(芝1600m)

注目は3頭います。

最注目は、全兄に2014年のNHKマイルカップ、2016年のマイルチャンピオンシップ 優勝馬のミッキーアイルがいるスターリーステージ(牝、父ディープインパクト)。


次に、ジャンダルム(牡、父Kitten's Joy)。
ビリーヴは、2002年のスプリンターズステークス、2003年の高松宮記念 優勝馬。
半兄ファリダット(父Kingmambo)、フィドゥーシア(父Medaglia d'Oro)は短距離重賞で2着。
ビリーヴは、10勝の勝ち鞍全て1200m。
兄弟も短距離路線で活躍。
父がKitten's Joy(キトゥンズジョイ)に代わり、果たして1600mでも大丈夫か?


次に、ロードラナキラ(牡、父ロードカナロア)。
伯父に、2010年のラジオNIKKEI杯、2013年のアメリカジョッキークラブカップ 優勝馬のダノンバラードがいる血統。


アスタービアンコ
サンライズカナロア(牡、父ロードカナロア)伯母にブロードストリート
サンライズナイト
ジャンダルム(牡、父Kitten's Joy)母はG1を2勝のビリーヴ、兄姉にファリダットフィドゥーシア
スターリーステージ(牝、父ディープインパクト)全兄にG1を2勝のミッキーアイル
ストリ
ナムラルビー(牝、父スクリーンヒーロー)叔父にアサクサキングス
ブルベアトリュフ(牡、父シンボリクリスエス)祖母オースミハルカは重賞を4勝
メイショウヴァルス
ロードラナキラ(牡、父ロードカナロア)伯父にダノンバラード



●9月10日(日) 5R(芝2000m


注目は2頭います。


全兄に重賞3着を2回のロイカバードがいるシルヴァンシャー(牡、父ディープインパクト)。
アゼリG1を11勝した伝説的名牝
育成担当者が、今までのアゼリの仔の中で1番いいと言っています。


次に、ケイティクレバー(牡、父ハービンジャー)
伯父に、2010年の東京スポーツ杯2歳ステークス 2着馬のリフトザウイングス
近親に、2007年の秋華賞ダイワスカーレットの2着のレインダンスがいる血統。

エーティーマゼラン(牡、父アイルハヴアナザー)伯母にエピセアローム
ケイティクレバー(牡、父ハービンジャー)近親にレインダンス
サンディー
シルヴァンシャー(牡、父ディープインパクト)全兄にロイカバード
プルンクザール
ムーンレイカー
ワンダーコンセギル



●9月10日(日) 6R(芝1400m、牝馬限定)

注目はもちろんデルニエオール(牝、父ステイゴールド)。
全兄は、名馬 オルフェーヴルドリームジャーニー
距離が短いような気がしますが・・・。
オリエンタルアート最後の仔ですから活躍して欲しいですね。



ヴィグランドアテナ
(牝、父ショウナンカンプ)伯父にエイシンフラッシュ
カネコメハナコヨ
キフジン
クリノクリストフ
クリノユナチャン(牝、父ヘニーヒューズ)伯父にヴァンクルタテヤマ
テイエムチャメワン(牝、父 スウェプトオーヴァーボード)伯父にシルクフェイマス
デルニエオール(牝、父ステイゴールド)全兄にオルフェーヴルドリームジャーニー
ピエナミント
ブライトヴィーナス
ホウオウサンドラ(牝、父ヘニーヒューズ)叔父にサトノノブレス
メイショウタンゴ
リネンゴール
リンクスナナ



【関連記事】
9月9日(土)、10日(日)の新馬戦 出走予定馬(中山)