デルマキセキ 馬主【浅沼廣幸」の記事を紹介します。


今日6月25日(日)に、2歳新馬戦(函館5R、芝1200m)が行われました。

優勝馬のデルマキセキの馬主がちょっと気になったので、調べてみました。


デルマキセキ
馬主は、浅沼廣幸(あさぬまひろゆき)さんです。


浅沼廣幸さんは、札幌市にある皮膚科が中心の医療法人廣仁会」の元・理事長です。

また、「珍馬名」の名付け親としておなじみですね。


今年の命名馬は、

デルマウーゾ(ギリシャの国民酒)
デルマキュラソ(酒の一種)
デルマシャンパン(酒の一種)
デルマテキーラ(酒の一種)
デルマブランデー(酒の一種)
デルマベルモット(酒の一種)


と、酒の名前が付けられていますね。


【冠名】  デルマ

【勝負服色】  水色、黄星散、黄袖水色一本輪





デルマキセキ 血統】 (牝2)

父  Scat Daddy(スキャットダディ)
母  Tashawak
母父 Night Shift

調教師 :友道康夫(栗東)

生産者 :Freddie Bloodstock(米)

通算成績:1戦1勝



Scat Daddy(スキャットダディ)はヨハネスブルグの直仔で、2006年のシャンペンステークス(米、G1、ダ8F)、2007年のフロリダダービー(米、G1、ダ9F) 優勝馬。


Tashawakは、2002年のファルマスS(英、GⅡ、芝8F) 優勝馬



叔父に、2003年のクリテリウム国際(仏、G1、芝1600m) 3着馬のAcropolisがいる血統。


ちなみに、このレースの優勝馬は日本で種牡馬となったバゴです。


デルマキセキ馬名意味は、「冠名+奇跡」です。

 


デルマキセキ次走も楽しみですね!