レヴァンテライオン 馬主【ライオンレースホース」の記事を紹介します。


12月18日(日)に、第68回朝日杯フューチュリティステークス(阪神、G1、2歳、芝1600m)が行われます。


登録馬のレヴァンテライオン馬主がちょっと気になったので、調べてみました。


レヴァンテライオン馬主は、一口馬主 クラブ法人馬主)のライオンレースホース 株式会社です


代表は、田畑マヤさんです


愛馬会法人は、株式会社 サラブレッドクラブライオン

代表は、田畑利彦(たばたとしひこ)さんです。


2015年に、田畑利彦さんが代表取締役社長ジーライオン グループ(GLION GROUP)がクラブ法人(馬主)のセゾンレースホース 株式会社愛馬会法人株式会社 サラブレッドクラブセゾンを買収しました


ジーライオン グループ(GLION GROUP)は、自動車関連事業、料飲事業など様々な事業を手掛けています。

田畑利彦さんは、以前から個人馬主でした。


前身のセゾンレースホースは、ドリームパスポートドリームバレンチノなどを所有していて、「ドリーム」の冠名を使っていましたが、ライオンレースホースは、「ライオン」に冠名を変更。


【冠名】  ライオン

【勝負服色】  黄、黒山形二本輪、白袖赤一本輪





レヴァンテライオン 血統】 (牡2)

父  Pioneerof the Nile(パイオニアオブザナイル)
母  Ghostly Darkness(ゴーストリーダークネス)
母父 Ghostzapper(ゴーストザッパー)

調教師 :矢作芳人(栗東)

生産者 :Hargus Sexton, Sandra Sexton, Tom Bozarth & Silver Fern Farm LLC(米)

通算成績:3戦2勝



Pioneerof the Nile(パイオニアオブザナイル)はエンパイアメーカーの直仔で、2009年のサンタアニタダービー(米、G1、AW9F)などG1を2勝し、同年のケンタッキーダービーではMine That Bird(マインザットバード)の2着

Pioneerof the Nile(パイオニアオブザナイル)は、2015年の米3冠&ブリーダーズカップ・クラシックを制覇したAmerican Pharoah(アメリカンファラオ)を輩出。


母父Ghostzapper(ゴーストザッパー)は、2004年のブリーダーズカップ・クラシック(米、G1、ダ10F)などG1を4勝し、2004年のエクリプス賞 年度代表馬最優秀古馬



伯父に、2004年のロイヤルノースH(加、GⅢ、芝6F) 優勝馬のHour of Justice(アワーオブジャスティス)がいる血統。


レヴァンテライオン」の馬名意味は、「東方(伊)+ライオン。東方のライオン」です。


【勝負服色】  黄、黒山形二本輪、白袖赤一本輪



レヴァンテライオン(ゴーストリーダークネスの2014) 1口馬主 募集価格】
1口出資額 :17万円
総口数  :200口 
募集総額 :3400万円



レヴァンテライオンは、2016年の函館2歳ステークス 優勝馬。


休み明けの前走の京王杯2歳ステークスでは11着と惨敗。

今年の朝日杯フューチュリティステークスは抜けた馬がいなく混戦になりそうですがライオンレースホースG1初制覇をもたらすか



朝日杯フューチュリティステークス
楽しみですね!